ブログブログ

福岡市博物館特別展「徳川家康と歴代将軍」開催中!

 

7月16日から福岡市博物館で、特別展「徳川家康と歴代将軍~国宝・久能山東照宮の名宝~」が開催され、それに先立ち7月6日から、企画展「天下取りと黒田孝高・長政」も開催されています。

 

この企画展には、黒田孝高(官兵衛)ゆかりの刀である「へし切長谷部」や「日光一文字」などが展示されています。

福岡城むかし探訪館に、「へし切長谷部」のレプリカがあるのをご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、この「へし切長谷部」と館内入口を挟んで並べて展示している兜をご存知ですか?

 

これは、福岡藩3代藩主黒田光之が官兵衛の赤合子を模して作らせた「朱漆塗合子形兜(しゅうるしぬりごうすなりかぶと)」のレプリカです。

これらの本物が、福岡市博物館の企画展で並んで展示されています。企画展は写真撮影が可能ですので、本物とレプリカの違いを写真に収めて比べてみるのもいいかもしれませんね。

 

さて、今回の特別展に合わせて、福岡城の御城印も期間限定「官兵衛Ver.」を販売しております。官兵衛と長政の兜と花押を並べると何とも贅沢ですね~

 

また、福岡城むかし探訪館横の「黒田茶屋」も再オープンし、「あまおうイチゴソフト」や福岡城の二の丸で採れた梅を使用した「梅スカッシュ」を販売しています。

 

福岡城内で採れた梅というプレミア感が更に贅沢な気持ちへと感じさせてくれます。是非、ご賞味ください!

 

黒田家と博多祇園山笠

 

7月に入り本来ならば、福博の街は7月1日から15日まで博多祇園山笠一色になります。

昨年同様に今年も舁き山(担いで走る山笠)はお休みですが、今年は福岡市内各所で飾り山(奉納するために飾られる山笠)を見ることが出来ます。今回は黒田家と博多祇園山笠のつながりについてご紹介します。

 

博多祇園山笠行事【写真提供:福岡市】

         

 

博多祇園山笠とは、2016年にユネスコ無形文化遺産に登録された700年以上続く、博多の総鎮守・櫛田神社の奉納神事で、起源については諸説ありますが、一般には1243年、博多承天寺の開祖・聖一国師が、疫病を鎮めるために人々が担ぐ施餓鬼棚に乗って甘露水(祈祷水)を博多の街に撒いたことが始まりと言われています。

 

その後、博多の町は貿易等で栄え、その豊かさから様々な武将が領地を争い博多は荒廃してしまいましたが、豊臣秀吉が九州平定し、復興のために『太閤町割り(博多町割り)』を行いました。黒田官兵衛は秀吉からの命により、この太閤町割りの実務を担っていました。官兵衛は江戸時代になってからの福岡藩拝領後の福岡城の築城だけでなく、博多の復興にも大きく関わっていたんですね。秀吉はさらに楽市楽座などの施策で博多商人の商業活動を保護し、山笠は博多商人による経済的柱のもと、しっかりとした自治組織によって、祭りとしての形態を固めていきました。

 

 

【博多祇園山笠公式サイトより】

                    

 

この太閤町割りの中で“流(ながれ)”という呼称ができます。流とは10~15くらいの町が集まって1流とする、いわば町の自治組織の単位です。この呼称はいま尚、山笠で使われています。

呼称の起源としては、黒田官兵衛が家老として仕えた播磨・御着地方(姫路)では、ため池を流と読むそうで官兵衛が名付けた説や、小川や旗を数える単位として「流(ながれ)」という言い方があり、道路を中心に長く伸びた町の集合体を小川などに見立ててそう呼んだのではないかという説もあるそうです。

 

       櫛田神社【 写真提供:福岡市 】

                                                                   

また初代福岡藩主黒田長政は、福岡城築城と城下町の建設とともに、博多の総鎮守である櫛田神社の大規模な修復普請を行いました。三代藩主光之は、櫛田神社に能舞台を寄進し、六代藩主黒田継高は櫛田神社の記録では、藩主で初めて山笠の上覧(身分の高い人がご覧になること)を行ったそうです。その後、江戸時代後期の藩主や世継の上覧は、博多の祭りの組織を総動員した大掛かりな儀式でした。最後の福岡藩主 長知まで上覧は続きました。このように豊臣秀吉の太閤町割り以降、黒田家と博多祇園山笠は深いつながりがあったのです。

 

 

                              

 

福岡市博物館では、8/29(日)まで企画展示室4で『博多祇園山笠展20』が開催されています。また、7/6(火)-9/5(日)まで、企画展示室2では『天下取りと黒田孝高・長政』もご覧いただけ、こちらでは、へし切長谷部・日本号・日光一文字を一堂にご覧いただけますよ。

福岡市博物館のホームページ 】

 

 

福岡城むかし探訪館では、へし切長谷部のレプリカを展示し、古地図や再現模型などもゆっくり鑑賞していただけます。お堀端の蓮も開花しておりますので、お散歩がてら当館へもお立ち寄りください。

 

今だけ展示!へし切長谷部の刀身

福岡城むかし探訪館では、黒田官兵衛が織田信長からご褒美としてもらい受けた「へし切長谷部」のレプリカを展示しております。

この「へし切長谷部」の刀身は、いつもは鞘の中に納まっていてその姿・形を見ることができませんが、いま当館では鞘から抜いて展示しております。

 

おごそかな「いわれ」を物語るように鈍く輝やく刀身、そしてそのソリに沿った芸術的な『刃文』もくっきりと浮かび上がっております。

期間限定でのこの刀身をお見逃しないよう、是非お越しください。

 

【刀身を抜いた形での展示期間:平成29年8月31日まで】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、姉妹館「三の丸スクエア」ではCGで再現した福岡城 天守閣の大型タペストリーを展示中です。こちらにも是非お立ち寄りください。

>>>三の丸スクエア ブログ『天守閣の大きなタペストリーが』

 

 

 

『圧切長谷部』

福岡藩祖 黒田官兵衛のゆかりの品で、織田信長から褒美として与えられた名刀「圧切(へしきり)長谷部」が、現在、福岡市博物館で公開されております。
当館には、レプリカではありますが、この「圧切長谷部」を展示しており、また、江戸後期の福岡城の400分の1の模型や床一面に貼りつけた古地図などもございます。

入場は無料です。
是非、お越しください。

 

IMG_1522

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡城・鴻臚館 案内処 三の丸スクエア

大濠公園横に昨年11月にオープンした新スポット
「福岡城・鴻臚館 案内処  三の丸スクエア」 。

 

入口2 (1280x855)

 

ここでは、舞鶴公園の過去から未来までの歴史をご紹介しています。
古代の迎賓館であった鴻臚館と、福岡の地名の由来となった福岡城は、
時を越えて同じ場所に建てられ、全国的にもめずらしい二重の史跡です。
ぜひ三の丸スクエアから、福岡の歴史を知る、時空散歩にでかけてみませんか。

今、福岡城ならではの展示物もご覧いただけます。

 

 【三の丸スクエアでの展示品】

兜

 < 軍師官兵衛 朱塗合子形兜>

 

鯱

 <下之橋御門復元鯱>

 

博多人形

< 軍師官兵衛 博多人形>

 

三の丸スクエアには、赤ちゃんの駅(授乳室)、オムツ替えコーナーもあります。
お子様連れの方もお気軽にお立ち寄り下さいませ。

img_02[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三の丸スクエアのホームページはこちらから。

 

また、筑紫菓匠 「如水庵」も併設しており、城内散策・三の丸スクエア見学をされたあと、和菓子・軽食などもお勧めです。
栗ぜんざい玉露アイス添えや如水庵パフェ、ぶっかけうどん等の夏メニューも
登場していますよ!

 

如水庵 (1280x855)

 

お菓子 (1280x855)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

芍薬が見頃です!

牡丹芍薬園(黒田官兵衛隠居跡)では、いま新緑の木々の中で一面に咲き誇る芍薬と、その上品な香りがお楽しみ頂けます。
豪華絢爛で見ごたえがありながら、芍薬の花言葉通り「恥じらい・清浄」感も窺え、とても魅力的なお花です。

是非、ご来園くださいませ。

また、お近くには福岡城等の史跡をご案内している「三の丸スクエア」や「福岡城むかし探訪館」もありますので、お気軽にお立ち寄りください。

 

 芍薬 (4) (1024x768)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 芍薬 (5) (1024x684)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡城藤棚休憩所

4月20日(月)~26日(日)、舞鶴公園藤園にて、福岡城藤棚休憩所が開催されました。
週末には、お城めぐりや春の植物ガイド等に加え、ほうじ茶かふぇも行われ、
来園された方々は木漏れ日の下で藤を見ながらほっと一息されていました。

 

藤7 (1024x768)

 

 

藤1 (1024x768)

 

 

 お城めぐり1 (1024x768)お菓子1 (1024x768)

 

 

 

 

 

 

 濠3 (1024x768)

 
下ノ橋御門前のツツジも綺麗でした。

 

 

福岡城を築城した黒田家の紋は、藤巴(ふじどもえ)です。
1576年、黒田官兵衛は、織田信長にそむいた荒木村重を説得するため、伊丹城へ赴きますが、囚われの身となり一年以上幽閉されます。その時、官兵衛の心を慰め励まし、生きる力を与えてくれたのが、土牢から見える藤の花でした。
以後、自らの紋として用いられるようになったと言われています。

 

 

 

 

 

 

飾り山笠

博多祇園山笠が7月1日に開幕し、
「飾り山笠」が福岡市内の14カ所で15日までご覧頂けます。
昨年に続き今年も、大河ドラマ「軍師官兵衛」にちなんだ標題が多く、
本能寺の変などをテーマにした戦国時代のものも多く見うけられます。

 

本日放送の大河ドラマ軍師官兵衛「高松城水攻め」の様子は、
十三番山笠 [川端中央街] 表:知略軍師官兵衛 でご覧頂けます。

 

飾り山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

官兵衛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、下記4カ所でも、軍師官兵衛をお楽しみ頂けます。

三番山笠 [東流] 見送り(裏):忠義軍師官兵衛
六番山笠[千代流]  表 ・見送り(裏):軍師官兵衛 
十一番山笠 [博多駅商店連合会] 表:軍師黒田官兵衛
十四番山笠 [ソラリア] 表:賤ヶ岳之大決戦 ~官兵衛武勇之誉~

 

 

 

黒田武将隊のホームページができました!

福岡のまちに、黒田武将隊がタイムスリップしてきて、早1ヶ月がたちました。
福岡を始め、他都市へも出没し、黒田官兵衛・長政らが福岡をPRしています。
彼らの愛嬌と気さくさに、ちゃくちゃくとファンができているようです。
今後、どこに出没するかなど、様々な情報が載っているホームページを参考に、
探してみてはいかがでしょうか?
黒田武将隊のホームページはこちらをご覧ください。

 

武将隊3人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『福岡黒田武将隊』現る!

タイムスリップにより突如福岡に現れた『福岡黒田武将隊』(福岡藩祖黒田官兵衛[如水]・福岡藩初代藩主黒田長政・彼らに仕える架空の武将銀次)。

”神出鬼没”の武将隊はまちなかに突然現れ、福岡市民そして来訪者に「元気」「勇気」「自信」を授け、福岡のまちを盛り上げます。
福岡城では演舞や歌などのパフォーマンスや記念撮影、まちなかではプロモーション、市内外ではイベント・観光展・物産展への出演活動等を行い、”黒田官兵衛ゆかりの地 福岡”をアピールしていきます。

今後、足軽・忍者・町娘などもメンバーに加わる予定です。

また、福岡黒田武将隊のホームページも近々立ち上がります。

 

P8014514-g

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初お披露目の様子はこちらをご覧ください。

 

 

第34回おおほりまつり

3月31日(日)、「第34回おおほりまつり」が行われました。
福岡藩祖・黒田官兵衛と初代藩主・長政を含めた黒田二十五騎武者を中心に、少年武者・稚児を伴った行列が、西公園光雲神社から鴻臚館跡展示館前芝生広場まで練り歩きました。
城内のおまつり舞台では、官兵衛・長政・黒田二十五騎の紹介、鴻臚館の優美な宴”荒津の舞”などをご覧頂け、タイムスリップして当時の文化・歴史に触れることが出来ました。
官兵衛が来年の大河ドラマの主人公になることもあり、とても盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NHK大河ドラマに「軍師官兵衛」

2014年のNHK大河ドラマに、「軍師官兵衛」が決まりました。
黒田官兵衛(如水)・長政が築城した福岡城には、現在、牡丹・芍薬園として
親しまれている「お鷹屋敷跡」(如水の隠居跡)も残っています。

 福岡市博物館所蔵

 

 

 

このページの先頭へ