ブログブログ

博多人形と黒田家

 

博多人形は、福岡県の伝統工芸品の一つで、福岡県の無形文化財に指定されています。

人形の発祥には諸説あるそうですが、福岡城築城の際、瓦職人・正木宗七が博多近郊の粘土を原料として城の瓦を焼いた余技に残りの粘土で素焼き人形を作り、藩主黒田長政に献上したものがはじまりとされています。

明治時代には、内国勧業博覧会やパリ万国博覧会に出品されました。その際、国内外から高い評価を受け、日本を代表する人形へと発展しました。

三の丸スクエアでは、博多人形作家協会の方が独自の解釈で作成された、軍師官兵衛の博多人形を展示しています。

 

 

 

こちらの作品は「土牢一年一失・活命を識る景」です。

 

作:熊谷 強 ・ 高山 高夫

 官兵衛(当時34歳)は、織田信長にそむいた荒木村重を説得するため、兵庫県伊丹市にあった有岡城に行きましたが、捕らえられ一年以上、土牢に閉じ込められました。その時に官兵衛の世話をしたのが、荒木村重方の牢番であった加藤又左衛門(重徳)(34歳)と息子・玉松(7歳)と言われています。これらの人形を見ていると、牢番の二人が官兵衛の世話をしているうちに官兵衛の人柄にふれ、慕っているように思えます。官兵衛と心が通じ合うようになったのですね。

 官兵衛は、無事解放されたあと加藤又右衛門(重徳)の子を立派な武士として育てたいと、のちに玉松を養子にして、長政と同様に養育しました。そして後に、玉松は三奈木村(現在の朝倉市内)に屋敷を構え、三奈木黒田一成として長政の側近になり、最も若くして黒田二十四騎の一人に加えられました。

 

こちらの作品は「備中高松城水攻め その時の景」です。

 

作:川﨑 修一 ・ 中野 浩

天正十年、毛利方の備中高松城を攻めている時に、本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれました。官兵衛は豊臣秀吉を慰め、今が天下取りの好機と天下をねらうよう進言しました。泣きくずれる秀吉と冷静な官兵衛をみていると、この一瞬がとても大事な場面に思えます。秀吉が天下取りの第一歩を踏み出したのですね。

そして毛利と講和を結び、『中国大返し』で兵を上方へ。そこで光秀を討ったのです。

 

「愛妻幸圓と共に和歌を楽しむ景」です。

 

作:国崎 正行 ・ 川﨑 幸子

 官兵衛は光姫(幸圓)と福岡城内の御高(鷹)屋敷(現牡丹芍薬園)や太宰府天満宮境内に隠居処を設け、連歌を楽しみました。

その歌の中に、官兵衛が黒田家と福岡の繁栄の願いを詠んだ次のような和歌があります。

   — 松むめや 末ながかれと みどりたつ 山よりつづく 里はふく岡 —

きっと、官兵衛は光姫の話に楽しそうに耳を傾け、お二人で笑いながら、仲睦まじく過ごされたのですね。 

 

博多人形は、見る角度によって、いろいろな表情を見せてくれるように感じます。現在は休館中ですが、再開館時には、ぜひ見に来てくださいね。

 

福岡市博物館特別展「徳川家康と歴代将軍」開催中!

 

7月16日から福岡市博物館で、特別展「徳川家康と歴代将軍~国宝・久能山東照宮の名宝~」が開催され、それに先立ち7月6日から、企画展「天下取りと黒田孝高・長政」も開催されています。

 

この企画展には、黒田孝高(官兵衛)ゆかりの刀である「へし切長谷部」や「日光一文字」などが展示されています。

福岡城むかし探訪館に、「へし切長谷部」のレプリカがあるのをご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、この「へし切長谷部」と館内入口を挟んで並べて展示している兜をご存知ですか?

 

これは、福岡藩3代藩主黒田光之が官兵衛の赤合子を模して作らせた「朱漆塗合子形兜(しゅうるしぬりごうすなりかぶと)」のレプリカです。

これらの本物が、福岡市博物館の企画展で並んで展示されています。企画展は写真撮影が可能ですので、本物とレプリカの違いを写真に収めて比べてみるのもいいかもしれませんね。

 

さて、今回の特別展に合わせて、福岡城の御城印も期間限定「官兵衛Ver.」を販売しております。官兵衛と長政の兜と花押を並べると何とも贅沢ですね~

 

また、福岡城むかし探訪館横の「黒田茶屋」も再オープンし、「あまおうイチゴソフト」や福岡城の二の丸で採れた梅を使用した「梅スカッシュ」を販売しています。

 

福岡城内で採れた梅というプレミア感が更に贅沢な気持ちへと感じさせてくれます。是非、ご賞味ください!

 

少しずつ福岡城跡も活動し始めました!

 

コロナ禍で、いろんなことが出来なかった日々がつづき、外に出ることも少なくなっていたのではないでしょうか。

福岡城跡へいらっしゃるお客様も、以前は近郊のご家族などが多かったのですが、最近は県外からのご夫婦やグループ旅行の方なども増えたように感じます。

 

来城される方が増えただけでなく、福岡城周辺も少しずつですが活動再開しました!

 

まず、現在福岡市博物館で開催されている「ふくおかの名宝-城と人と町―」が今月の10日から11月29日まで開催されています。

また、「ふくおか歴史お宝クエスト」が始まりました。

これは、福岡城むかし探訪館をスタートに様ざまな歴史的な場所をめぐりながら、「ミッションカード」と「プレミアムカード」を集めるもので、全て集めると“ほうびの品”が貰えますよ。

 

そして、多くの方からご要望をいただいていた“福岡市公式「御城印」“の販売も開始しました!

「福岡城むかし探訪館」と三の丸スクエア内の「舞遊の館」で販売しております。

全国的には朱色のデザインされた御城印が多いような気がしますが、福岡城は黒田家の家紋である藤巴の薄い紫のデザインで、落ち着いた色合となっております。

「舞遊の館」では福岡城の「限定御城印台紙」も!

 

さらに、この27日からは、「福岡城なぞ解きゲーム」も始まりました。

城内を散策しながら頭の体操をして、身体と脳を活性しましょう!

答えが分かった方は、ゴールの福岡市博物館で景品と引き換えです。

 

また、三の丸スクエア内の「舞遊の館」や「如水庵」では、お城らしいグッズや藤巴の御紋が入った小物なども販売しております。

お土産にいかがでしょうか?

 

 

秋の気配が深まってきた、福岡城跡です。

新型コロナの予防対策をしながら、楽しんでみませんか♪

 

福岡城で「夏休みの課題」大作戦?

 

あっという間にお盆も過ぎ、夏休みも残すところあと2週間ちょっと。

夏休みの自由研究はもうお済ですか?

 

まだ頭を悩ませているあなた、福岡城跡に来られ、お城の石垣について調べてみてはいかがでしょう!

 

たとえば、下の写真のように、大きな歯型のような跡がついた石を沢山見つけることができますよ。

これらは昔の石の大工、石工さんが歯で石をかじって割ったと思われますか?

 

先日、福岡城むかし探訪館に来られた小学校1年生と幼稚園の年長さんの男の子に「おわん侍と石垣のひみつ」のリーフレットを渡して説明したら、興味を持たれて 早速城内に行かれました。

10分もしないうちに、「石垣みつけました!」と暑い中、走って報告に来てくださいました。

 

「見つけられてよかったね!」とスタッフで褒めて送りだしたら、また5分後に「もう一つ見つけた!!」とも。

 

先程の歯型のような跡は矢穴(やあな)と言います。矢穴のついた石は、小さいお子様でもすぐに見つけられると思います。

 

それから、ちょっとグレードが上がりますが、卍やハート♡、アルファベットのDや◇が刻まれた石も見つけることができますよ!

福岡城跡は広いので(ヤフオクドーム7個分!)水分補給、熱中症対策をしっかりして探しに来てくださいね!

 

暑いのが苦手な方は、「福岡城むかし探訪館」で福岡城を探検してください。(エアコンが入ってます!)

 

館内には足元に福岡の古地図が広がり、その地図の真中に福岡城を400分の1で再現した「復元模型」があります。

 

また、ありし日の福岡城をCGで再現したビデオも流れています。

 

もっと深堀したい方は

 

*天神地下街と福岡城とのつながりとは?

*豊前国(北九州市や豊前地区など)との国境には出城が6つもあるのに、鍋島藩(佐賀県)との国境には出城がないのはなぜ?

*樋井川の流れが途中で大きく曲がっているのはなぜ?

*「へし切り長谷部(はせべ)」って何?

 

など、不思議がいっぱいです。「福岡城むかし探訪館」で、謎解きしてみませんか?

 

今月のみどころ

新年おめでとうございます。今年一年が皆さまにとってよい一年となりますよう^^

 

年が明け、福岡市博物館では心が弾む展示が始まりました。
1月5日(金)~2月4日(日)「国宝 圧切(へしきり)長谷部」
1月7日(日)~2月12日(月)「黒田家の刀剣と甲冑展」

 

当館では圧切長谷部のレプリカを展示しておりますが、実物と見比べるのも楽しいのではないでしょうか。博物館では昨年も同じ時期に圧切長谷部が展示され、当館にもたくさんのお客様にご来館いただきました。

(当館内での展示)

 

 

姉妹館の「三の丸スクエア」には“福岡みんなの城基金”に寄付をいただいた方の芳名板を掲示し、「へし切長谷部」と「日本号」が並んで掲げられています。
詳しくは三の丸スクエアのブログ

 

まだまだ寒い日が続きますが、黒田家の宝を見てホットになってみるのはいかがでしょうか。
本年も皆さまのご来館をスタッフ一同心よりお待ちしております。

 

✿福岡市博物館HPはこちら

 

 

~探訪館でタイムスリップ~

聞こえてくる蝉の鳴き声もツクツクボウシに変わり、夏休みもそろそろ終わりですね。

夏休み期間中も、大勢の方にお越しいただきました。

館内に入られ、「わーっ!」の声。床に配された古地図と福岡城の再現模型は老若男女問わず、ご好評いただいています。

壁面の古地図では時代の移り変わりを実感できます。

ご旅行で福岡へいらしたお客さまも地元の方も、江戸時代といま現在の福岡の街並みがかなり違っている地域があることに驚かれています。その一方では、当時のままの街並みが残っている地域を興味深くご覧になっています。

 

館内奥には、書籍コーナーもございます。福岡市の歴史、お城についてゆっくりひもといてみませんか?

 

 

多くの『刀剣女子』にご来館いただいています♪

毎日、うだるような暑さがつづきますね><;

7月30日(日)福岡城むかし探訪館前の鴻臚館広場で『スモウラン』が開催され、お相撲さんの仮装をした多くの方々がチャリティーマラソンに参加されていました。

160人のお相撲さん達!猛暑日マラソンになりましたが凄い迫力でした。

 

 

7月から当館展示場で『へし切長谷部』(レプリカ)を刀身を抜いた形で展示しています。

『刀剣女子』の方達が多数来館され、へし切長谷部を熱心に見学されていました。

刀身を抜いた形での展示期間は平成29年8月31日までとなっています。

この機会に是非、「むかし探訪館」へお越しください。

 

 

今だけ展示!へし切長谷部の刀身

福岡城むかし探訪館では、黒田官兵衛が織田信長からご褒美としてもらい受けた「へし切長谷部」のレプリカを展示しております。

この「へし切長谷部」の刀身は、いつもは鞘の中に納まっていてその姿・形を見ることができませんが、いま当館では鞘から抜いて展示しております。

 

おごそかな「いわれ」を物語るように鈍く輝やく刀身、そしてそのソリに沿った芸術的な『刃文』もくっきりと浮かび上がっております。

期間限定でのこの刀身をお見逃しないよう、是非お越しください。

 

【刀身を抜いた形での展示期間:平成29年8月31日まで】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、姉妹館「三の丸スクエア」ではCGで再現した福岡城 天守閣の大型タペストリーを展示中です。こちらにも是非お立ち寄りください。

>>>三の丸スクエア ブログ『天守閣の大きなタペストリーが』

 

 

 

刀剣乱舞「へし切長谷部」等身大パネルが登場!

 

明けましておめでとうございます。
当館はおかげさまで今春6年目を迎えます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、福岡市博物館で2017年1月5日(木)~2月5日(日)に国宝・刀「へし切長谷部」が公開されます。
人気ゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』とのコラボレーションが決定し、1月5日から当館に刀剣男士「へし切長谷部」の等身大パネルが登場しました!

IMG_2447

 

 

「へし切長谷部(へしきりはせべ)」は黒田官兵衛(如水)が織田信長より褒美として与えられたと言われている名刀で、黒田家の家宝として長く保持されていました。当館にはレプリカを展示しています。

IMG_2449

 

 

博物館や関連施設を巡るなか、お腹が空いた時にこちらはいかがでしょうか。
併設する茶房 光姫 では、1月10日から3月5日までの限定メニューで『官兵衛の赤カレー』『長政の黒カレー』『たこ焼き』が加わります。軽食以外に温かい飲み物もございますのでぜひお立ち寄りください♪

aka

kuro

 

takoyaki

 

 

姉妹館『福岡城・鴻臚館 案内処 三の丸スクエア』には刀剣男士「日本号」の等身大パネルが登場しています!こちらも足をお運び下さい^^

三の丸スクエア ブログ

 

今年も皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

 

 

年末年始休館のお知らせ

今年もたくさんの皆さまにご来館いただき、

また、ブログもご覧いただきありがとうございました。

 

特に今年は、11月19日に来館者20万人を突破いたしました。

福岡城むかし探訪館は2012年4月6日の開館以来、多くのお客様にご来館いただきました。誠にありがとうございます。これからも福岡城跡の魅力をお伝えしてまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

なお、当館の年末年始の休館日は下記の通りです。

【休館日】2016年12月29日(木)~2017年1月3日(火)

 

2017年も皆さまのお越しをスタッフ一同お待ちしております。

よいお年をお迎えください。

 

image1

 

 

来館者20万人突破いたしました!

福岡城むかし探訪館は平成24年4月6日の開館以来、たくさんのお客様にご来館いただき、このたび平成28年11月19日に来館者が20万人を突破いたしました。
20万人目は「お子さまにお城を見せたかった」と来館された福岡市の宮野様ご一家でした。

IMG_2039a

 

IMG_2036

 

これまでご来館いただいた皆様に心よりお礼を申し上げます。
これからも多くの皆様のご来館をお待ち申し上げます。

 

 

藤巴紋

黒田家の家紋「藤巴紋(ふじどもえもん)」は、城内はもちろんのこと、福岡のまちの至る所で目にすることがあります。ここ福岡城むかし探訪館のロールカーテンにも、3つの藤の花が左に渦巻くような家紋、藤巴紋がデザインされています。

IMG_2204

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒田官兵衛が有岡城に幽閉されていた時に、狭い牢屋から見えた藤の花によって励まされ生きる希望を持ったそうです。官兵衛にとって藤の花は特別な花だったのですね。

城内に残っている櫓の瓦のひとつひとつにも、よく目を凝らして見ると、

この「藤巴紋」を見ることができます。

IMG_2164

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑かった(暑過ぎた?)夏も終わり、さわやかな季節がやって来ました。散策するにもスポーツをするにも最適なシーズン到来です。

秋の福岡城へ是非お越し下さい。その節には、福岡城むかし探訪館のロールカーテンの藤巴紋もご覧ください。

IMG_2167

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『圧切長谷部』

福岡藩祖 黒田官兵衛のゆかりの品で、織田信長から褒美として与えられた名刀「圧切(へしきり)長谷部」が、現在、福岡市博物館で公開されております。
当館には、レプリカではありますが、この「圧切長谷部」を展示しており、また、江戸後期の福岡城の400分の1の模型や床一面に貼りつけた古地図などもございます。

入場は無料です。
是非、お越しください。

 

IMG_1522

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新春のお慶びを申し上げます

IMG_6213 (800x600)

 

早いもので、当館はこの春で5年目を迎えます。

福岡城跡では、四季折々の様々な情景を生み出しており、また、歴史とロマンに触れることもでき、素敵な散策スポットです。
この福岡城跡の一角にある当館には、展示室の中央に精巧にできた福岡城の復元模型(1/400)も設置しており、当時の様子をうかがうこともできます。

 

今後も、福岡城跡の素晴らしさを皆様にご案内していきたいと思いますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちいたしております。

 

皆様にとって、輝く素敵な一年になりますように心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

休館日のお知らせ

年末年始(12月29日~1月3日)は休館いたします。

 

今年も多くの皆様にご来館いただき、誠にありがとうございました。

来年も、福岡城むかし探訪館と福岡城・鴻臚館 案内処 三の丸スクエアでは、福岡城跡をより身近に感じていただけるようなイベント等を開催して参ります。
皆様のお越しを、スタッフ一同、心よりお待ちいたしております。

 

良いお年をお迎えください。

 

上之橋からの眺め (1280x960)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡城・鴻臚館 案内処 三の丸スクエア

大濠公園横に昨年11月にオープンした新スポット
「福岡城・鴻臚館 案内処  三の丸スクエア」 。

 

入口2 (1280x855)

 

ここでは、舞鶴公園の過去から未来までの歴史をご紹介しています。
古代の迎賓館であった鴻臚館と、福岡の地名の由来となった福岡城は、
時を越えて同じ場所に建てられ、全国的にもめずらしい二重の史跡です。
ぜひ三の丸スクエアから、福岡の歴史を知る、時空散歩にでかけてみませんか。

今、福岡城ならではの展示物もご覧いただけます。

 

 【三の丸スクエアでの展示品】

兜

 < 軍師官兵衛 朱塗合子形兜>

 

鯱

 <下之橋御門復元鯱>

 

博多人形

< 軍師官兵衛 博多人形>

 

三の丸スクエアには、赤ちゃんの駅(授乳室)、オムツ替えコーナーもあります。
お子様連れの方もお気軽にお立ち寄り下さいませ。

img_02[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三の丸スクエアのホームページはこちらから。

 

また、筑紫菓匠 「如水庵」も併設しており、城内散策・三の丸スクエア見学をされたあと、和菓子・軽食などもお勧めです。
栗ぜんざい玉露アイス添えや如水庵パフェ、ぶっかけうどん等の夏メニューも
登場していますよ!

 

如水庵 (1280x855)

 

お菓子 (1280x855)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます

桜1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当館は、おかげさまで今春4年目を迎えます。

昨年は大河ドラマ「軍師官兵衛」で、全国の皆様から脚光を浴びた年でした。

現在、福岡城跡では、御鷹屋敷跡・母里太兵衛長屋門などの改修工事が行われており、春には整備された姿をご覧頂けます。

今年も福岡城跡の魅力をご紹介し、多くの方々にお越し頂きたいと思っております。

皆様にとって、素敵な一年になりますように心よりお祈り申し上げます。
今年も、どうぞよろしくお願い致します。

 

探訪館スタッフ一同

 

 

 

 

 

今年もありがとうございました!

2014年も残りわずかとなりました。

今年は大河ドラマ「軍師官兵衛」が放映され、全国から多くの方々に足を運んで頂きました。
お越し頂きました皆様、誠にありがとうございました。
また、「福岡黒田武将隊」・「ふくおか官兵衛Girls」も、福岡のまちや城跡を大いに盛り上げてくれました。

 

○武将隊2(トリミング2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1100049

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様にとって、当館が福岡城を身近に楽しんで頂ける場所となれば幸いです。

 

よいお年をお迎えください。

 

※年末年始(12/29~1/3)は休館します。

 

 

探訪館スタッフ一同

 

 

 

 

 

福岡城・鴻臚館 案内処 三の丸スクエア 開所

国指定史跡福岡城跡・鴻臚館跡エリアにおける案内・休憩施設として
「福岡城・鴻臚館   案内処   三の丸スクエア」 が、11月1日、
旧舞鶴中学校に開所しました。

 

P1040094

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040099

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立体地図や映像コーナー、壁面には舞鶴・大濠公園の航空写真を展示。
展示室の隣には休憩施設もあり、ゆっくりと歴史を楽しんで頂くことが出来ます。

 

室内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

室内3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、昨年度の福岡城彩発見フォトコンテストの入賞・入選写真も展示しており、
四季折々の福岡城跡の素晴らしい風景もご覧頂けます。

是非、お越し下さい。

 

 

 

 

福岡城軍師官兵衛ドラマ展 5万人達成

当館にて3月26日より始まった「福岡城軍師官兵衛ドラマ展」が、
10月22日、5万人を達成しました。
5万人目は、東京からお越しの矢野朋義様、密本花桜様で、
ふくおか官兵衛くんとふくおか官兵衛girlsより記念品が渡されました。
「福岡城軍師官兵衛ドラマ展」は12月28日までの開催ですので、
是非お越し下さい。

 

集合

 

 

 

 

← 過去の記事を見る

このページの先頭へ