ブログブログ

黒田長政と「腹立てずの会」

 

黒田長政は官兵衛の嫡男で、関ケ原の戦いでの活躍により筑前国50万余石

(後に52万余石)を徳川氏から与えられ福岡藩の初代藩主となった人物です。

また、1601年から官兵衛と福岡城の築城に着手し、7年で完成させました。

城内は、天守台、本丸、二の丸、及び三の丸の4層に分かれており、

長政は本丸が完成すると三の丸から本丸に移り、「本丸御殿」を居宅としました。

「本丸御殿」は、初めは城主やその家族の日常生活や藩内の政治を行う場所でし

たが、二代目藩主忠之が新たに三の丸に御殿を建てたあとは、世襲儀式や祭礼の

場となりました。

 

(福岡城むかし探訪館内パネルの長政像)

 

長政は「本丸御殿」内にあった「釈迦の間」で、毎月一度信頼のおける

家臣ら数名集め「異見会」と称して忌憚(きたん)のない意見交換会を

行っていました。この意見交換会を、「腹立てずの会」とも言ったそうです。

会の中で、どんなことを言っても決して言った人に恨みを残さないこと,

また、後で他人に話さないこと,無論その場で腹を立てないこと。

これらを、相互で誓ったそうです。

そんなある日、皆のまえで謡曲(ようきょく:謡曲とは能の台本で、それに

節をつけてうたうこと)を披露し感想を聞いていた長政に対して、

「本当は殿のうたは下手で、聞けたものではなく対応に困っています」との

意見が家臣から出たとか。一瞬長政は青ざめましたが、怒ることなくその

後家臣のまえでぱったりと、謡曲をうたうことをやめたと言われています。

この逸話は、長政の多面的な人柄がよく表れているのではないかと思いました。

関ケ原の戦いで、自ら切り込み隊長として攻撃を加える猛将である反面、

小早川秀秋などの諸将の寝返りを交渉したとされ、調略家でもあった長政。

家臣の意見に耳を傾ける懐の深さや謙虚さがあったからこそ、関ケ原の戦いで

多大なる功績をあげることができたのかもしれません。

この「腹立てずの会」の話を知り、私はますます長政のことが知りたくなり

ました。

 

(本丸御殿のCG)

 

黒田官兵衛という偉大な父を持った長政がどのようなことを考え、どのような

気持ちで福岡城で過ごしていたかを想像し、福岡城跡をお散歩するのはいかが

でしょうか(^^)/

 

初夏の城内

 

気付くと桜や藤などの春の花も終わって、すっかり緑が美しい季節になりました。

気候的に、またコロナ禍ということもあってゆったりと舞鶴公園や大濠公園に散策に訪れる方が多くなりました。

 

 

 

 

 

 

  鴻臚館広場の蜂もせっせと蜜集め 桜もすっかり濃い緑の葉が茂っています

 

今、お城を囲む堀では、冬に枯れた蓮を取り除いて綺麗になった水面に、可愛らしい新芽が顔をのぞかせるようになっています。

 

新芽は初め、葉の両端がくるくると巻かれた細長い状態で水面に上がってきます。

それが時間の経過とともに少しずつ開いて、お馴染みの丸い形の葉となります。

開いてすぐは手のひら位の大きさなのですが、日々成長を遂げると両手で輪を作った位、もしくはそれ以上の大きさにもなります。

その成長の速さと葉の大きさには、力強い生命力を感じます。

 

そしてみるみる内に堀が蓮の葉で埋め尽くされるのには、毎年本当に驚かされます。

 

今はまだ水面にぽつぽつと葉が見える程度ですが…

きっとあっという間にこんな状態に…

蓮の花がご覧いただけるのは、毎年7月初旬頃~となっていますが、近年は少し早くて6月中旬頃から、花の姿を見掛けることもあるように思います。

花の時期も勿論楽しみですが、春から初夏にかけてのこの短い時期にしか見られない、貴重な景色も是非楽しまれて下さい。

 

さて、福岡城内(舞鶴公園内)にあります、福岡城むかし探訪館、鴻臚館跡展示館、及び三の丸スクエアは発出された新型コロナウィルス感染症緊急事態宣言に伴い、5月31日(月)まで休館することになりました。

当面の間ご不便をおかけしますが、何卒ご理解の程、よろしくお願い致します。

 

このページの先頭へ