黒田長政と「腹立てずの会」

福岡城の日々

 

黒田長政は官兵衛の嫡男で、関ケ原の戦いでの活躍により筑前国50万余石

(後に52万余石)を徳川氏から与えられ福岡藩の初代藩主となった人物です。

また、1601年から官兵衛と福岡城の築城に着手し、7年で完成させました。

城内は、天守台、本丸、二の丸、及び三の丸の4層に分かれており、

長政は本丸が完成すると三の丸から本丸に移り、「本丸御殿」を居宅としました。

「本丸御殿」は、初めは城主やその家族の日常生活や藩内の政治を行う場所でし

たが、二代目藩主忠之が新たに三の丸に御殿を建てたあとは、世襲儀式や祭礼の

場となりました。

 

(福岡城むかし探訪館内パネルの長政像)

 

長政は「本丸御殿」内にあった「釈迦の間」で、毎月一度信頼のおける

家臣ら数名集め「異見会」と称して忌憚(きたん)のない意見交換会を

行っていました。この意見交換会を、「腹立てずの会」とも言ったそうです。

会の中で、どんなことを言っても決して言った人に恨みを残さないこと,

また、後で他人に話さないこと,無論その場で腹を立てないこと。

これらを、相互で誓ったそうです。

そんなある日、皆のまえで謡曲(ようきょく:謡曲とは能の台本で、それに

節をつけてうたうこと)を披露し感想を聞いていた長政に対して、

「本当は殿のうたは下手で、聞けたものではなく対応に困っています」との

意見が家臣から出たとか。一瞬長政は青ざめましたが、怒ることなくその

後家臣のまえでぱったりと、謡曲をうたうことをやめたと言われています。

この逸話は、長政の多面的な人柄がよく表れているのではないかと思いました。

関ケ原の戦いで、自ら切り込み隊長として攻撃を加える猛将である反面、

小早川秀秋などの諸将の寝返りを交渉したとされ、調略家でもあった長政。

家臣の意見に耳を傾ける懐の深さや謙虚さがあったからこそ、関ケ原の戦いで

多大なる功績をあげることができたのかもしれません。

この「腹立てずの会」の話を知り、私はますます長政のことが知りたくなり

ました。

 

(本丸御殿のCG)

 

黒田官兵衛という偉大な父を持った長政がどのようなことを考え、どのような

気持ちで福岡城で過ごしていたかを想像し、福岡城跡をお散歩するのはいかが

でしょうか(^^)/

 

お知らせ・催し事一覧へ