如水・長政親子に仕えた優秀な家臣軍の中で、特に功績を残した重臣たちを総称して「黒田二十四騎」と呼びます。

 常に黒田軍の先鋒を務め、敵兵の首を藩内で最も多くあげたといわれる母里但馬友信(毛利太兵衛)は、大杯の酒を一気に飲み干し、福島正則より名槍「日本号」を飲み獲ったという逸話から生まれた民謡「黒田節」で有名です。江戸城を築いたとき、徳川家康が誤って母里を毛利と書いたため、これ以降改姓しています。

 栗山備後利安は、有岡城に幽閉された如水を何度も訪ねて励まし、落城の時は母里但馬友信と共に炎の中を救出しました。その子大膳は長政の子忠之と意見が衝突し、黒田騒動に発展しました。

 後藤又兵衛基次は、関ヶ原の戦いで長政の先手を務め、矢傷・刀傷をものともせず勇猛果敢に攻め、体には53か所の傷跡があったといわれています。細川氏と音信を交わした為に叱責を受け、黒田家を去り、晩年は豊臣秀頼に招かれて大阪城に入り、大阪夏の陣で亡くなりました。