ブログブログ

福岡城跡に秋の訪れ

 

9月に入り少しずつ秋の気配を感じるようになってきました。

旧暦で9月は「長月」とも言われていました。

日増しに夜が長くなるので、「夜長月」から「長月」になったとも言われて

います。

さて、福岡城跡でも秋を感じるこんな風景が見かけられます。

 

(桐ノ木坂と淡く色づいた木々)

 

(三の丸広場のコスモス)

 

(多聞櫓と赤く色づき始めた木の葉)

 

ちなみに、福岡城の築城のきっかけともなった天下分け目の戦「関ケ原の戦い」

は旧暦の慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)のまさに「長月」でした。

関ケ原(岐阜県不破郡関ケ原町)が主戦場となり、徳川家康を総大将とし福島正則

や黒田長政等が中心となった東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成等が中心とな

った西軍で戦いました。東軍が勝利し、ここでの活躍などにより長政は徳川家康か

ら筑前国の50万余石(のちに52万余石)が与えられました。

 

こうして1601年から7年かけて黒田長政と父官兵衛は福岡城を築くとともに、

街道や宿場町を置き城下町をつくり始めました。福岡の発展は既にこの頃から始

まっていたのかもしれませんね。

 

(天守台から見た景色)

 

その後様々な歴史を経て、今ここ福岡城跡でこのような綺麗な秋の風景を見る

ことができ、とても感慨深い気持ちになります。

皆さまも小さな秋や歴史を感じながら福岡城跡をお散歩してみませんか(^^)/

 

夏から秋へ

 

9月に入り朝夕の涼しさや、陽が落ちる速さなどで、やはり少しずつ季節は移っていっているのだなぁと感じます。

今夏は前半は全くの雨なし、逆に8月初旬頃からはずっと雨続き、と極端な天候の夏でした。

 

福岡城内では

水かさのました堀に立ちすくむ(?)アオサギの姿や

 

 石垣の間からは小川のようなせせらぎ

 

そして探訪館の横に出来た水たまりは、まるで川のようだったり

と、いつもの夏には見かけない風景も現れました。

 

先日、鴻臚館跡展示館のそばで『露草(つゆくさ)』が咲いていました。

『露草』は万葉集の和歌でも歌われている植物で、歌の中では「月草」「鴨頭草」どちらも「つきくさ」の名前で登場し、他にも「ほたる草」「藍花(あいばな)」「青花(あおばな)」などの別名があります。

花は青色で珍しいため、染料にも使われていたとか。

 

朝顔と同じく朝咲いて、昼頃にはしぼんでしまうため、古来より日本人が儚さを感じる馴染み深い花だったようです。

 

初夏~初秋に咲く花ではあるのですが、俳句などでは秋の季語となっています。

私も露草を見ると何故か秋の気配を感じてしまいます。

秋草の中に埋もれながらひっそりと咲いている…子供の頃の思い出からくる心象風景なのかもしれません。

 

福岡城内は今ちょうど季節の変わり目、夏と秋が混在する時期にきています。

カエデの木も全体が黄緑~黄色っぽくなっています。

 

桜の木にも黄色に色づいた葉がちらほら見えます。

 

コロナウイルス感染拡大防止のため、当館も9/12までは休館となっており、なかなか足を運んでいただくことも難しい日々が続いていますが、秋に向けたイベントも色々企画しています。

 

この暑さを超えれば多くの人が城内で穏やかな時間を過ごしている…その日が一日でも早く来ることを願いつつ、スタッフ一同黙々と準備中です。

ご期待ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ