ブログブログ

平和台陸上競技場

 

2021年7月22日は二十四節気の大暑。暑さが最も厳しくなる頃となりました。

城内の木々は、緑が濃くなり青々と生い茂っています。また、お堀の水辺では蓮の花が咲いています。蓮の開花は早朝から、お昼過ぎには閉じてしまうので、少し早起きして散策されてみてはいかがでしょうか。

 

23日、東京ではオリンピック開会式が行われるようです。

平和の祭典にふさわしく開催されることを願っています。

 

ここ福岡城内には、平和への願いが込められた「平和台陸上競技場」があります。5月11日、オリンピック聖火リレー点火セレモニーが開催された場所でもあります。緊急事態措置にともない無観客の点火セレモニーとなり、日本で初めての方式として、ステージ上で隣にいるランナーのトーチに聖火を灯し、聖火皿までつなぎました。

 

 

さて、なぜ福岡城跡地に陸上競技場があり、そして平和台と名付けられたのでしょうか。

 

明治4年、廃藩置県後、福岡県庁が置かれ、同9年に移転しました。

その後は陸軍の駐屯地でした。さらに、太平洋戦争後、進駐軍のための宿舎の建設が予定されていました。

『福岡市史 特別編 福岡城』によれば、昭和23年の第三回国民体育大会の誘致を図り、県や市の関係者が占領軍司令部に折衝を重ねて実現にこぎつけ、城内に陸上競技場・拳闘場・サッカー場・ラグビー場を建設して、同23年10月18日に竣工式を挙行しました。その際、これらの運動施設を合わせて「福岡平和台総合運動場」と命名しました。兵舎の跡地に建設した運動場だったため「平和台」という名が付けられたといいます。

当時の福岡国体事務局長、岡部平太氏が、国体会場としての使用を進駐軍と交渉する際、この城内の地について「兵(つわもの)どもの夢の跡をスポーツによる平和の台にする」と述べて、説得したことに始まるといわれているそうです。

 

平和台陸上競技場内の西門の両脇には、共に平和台を完工し第三回国民体育大会を誘致した、第17・18代福岡市長である三好弥六氏と、平和台の名付け親である岡部平太氏の銅像があります。

 

                     (三好弥六氏銅像)                                                     

 

                    (岡部平太氏銅像)

 

また、舞鶴公園北側には、福岡聨隊の跡記念碑があります。

 

             (福岡聨隊の跡記念碑)

 

さらに、時代は江戸時代に遡ってみます。

平和台陸上競技場の場所は、当時どのようになっていたのでしょうか。

 

福岡城むかし探訪館では、江戸時代後期の福岡城を400分の1の復元模型で再現しています。

また、三の丸スクエアには、現在の壁面航空写真があります。これらを並べてみると…

 

  (福岡城むかし探訪館 福岡城1/400復元模型)

 

 (三の丸スクエア内 航空写真)

 

福岡城は三の丸、二の丸、本丸、天守台の四層構造となっています。

復元模型の中にある赤い印は、現在の福岡城むかし探訪館の場所にあたります。平和台陸上競技場は探訪館の西側ですので、当時の三の丸北側に位置します。そこには、黒田家の重臣が居住する屋敷(家老屋敷)が並んでいたようです。

 

福岡城は時代の推移とともに変容し、時代に即したものが加わっていきました。

その一つである、平和台陸上競技場。平和台という名には、スポーツの発展と平和への願いが込められていたのですね。

 

黒田家と博多祇園山笠

 

7月に入り本来ならば、福博の街は7月1日から15日まで博多祇園山笠一色になります。

昨年同様に今年も舁き山(担いで走る山笠)はお休みですが、今年は福岡市内各所で飾り山(奉納するために飾られる山笠)を見ることが出来ます。今回は黒田家と博多祇園山笠のつながりについてご紹介します。

 

博多祇園山笠行事【写真提供:福岡市】

         

 

博多祇園山笠とは、2016年にユネスコ無形文化遺産に登録された700年以上続く、博多の総鎮守・櫛田神社の奉納神事で、起源については諸説ありますが、一般には1243年、博多承天寺の開祖・聖一国師が、疫病を鎮めるために人々が担ぐ施餓鬼棚に乗って甘露水(祈祷水)を博多の街に撒いたことが始まりと言われています。

 

その後、博多の町は貿易等で栄え、その豊かさから様々な武将が領地を争い博多は荒廃してしまいましたが、豊臣秀吉が九州平定し、復興のために『太閤町割り(博多町割り)』を行いました。黒田官兵衛は秀吉からの命により、この太閤町割りの実務を担っていました。官兵衛は江戸時代になってからの福岡藩拝領後の福岡城の築城だけでなく、博多の復興にも大きく関わっていたんですね。秀吉はさらに楽市楽座などの施策で博多商人の商業活動を保護し、山笠は博多商人による経済的柱のもと、しっかりとした自治組織によって、祭りとしての形態を固めていきました。

 

 

【博多祇園山笠公式サイトより】

                    

 

この太閤町割りの中で“流(ながれ)”という呼称ができます。流とは10~15くらいの町が集まって1流とする、いわば町の自治組織の単位です。この呼称はいま尚、山笠で使われています。

呼称の起源としては、黒田官兵衛が家老として仕えた播磨・御着地方(姫路)では、ため池を流と読むそうで官兵衛が名付けた説や、小川や旗を数える単位として「流(ながれ)」という言い方があり、道路を中心に長く伸びた町の集合体を小川などに見立ててそう呼んだのではないかという説もあるそうです。

 

       櫛田神社【 写真提供:福岡市 】

                                                                   

また初代福岡藩主黒田長政は、福岡城築城と城下町の建設とともに、博多の総鎮守である櫛田神社の大規模な修復普請を行いました。三代藩主光之は、櫛田神社に能舞台を寄進し、六代藩主黒田継高は櫛田神社の記録では、藩主で初めて山笠の上覧(身分の高い人がご覧になること)を行ったそうです。その後、江戸時代後期の藩主や世継の上覧は、博多の祭りの組織を総動員した大掛かりな儀式でした。最後の福岡藩主 長知まで上覧は続きました。このように豊臣秀吉の太閤町割り以降、黒田家と博多祇園山笠は深いつながりがあったのです。

 

 

                              

 

福岡市博物館では、8/29(日)まで企画展示室4で『博多祇園山笠展20』が開催されています。また、7/6(火)-9/5(日)まで、企画展示室2では『天下取りと黒田孝高・長政』もご覧いただけ、こちらでは、へし切長谷部・日本号・日光一文字を一堂にご覧いただけますよ。

福岡市博物館のホームページ 】

 

 

福岡城むかし探訪館では、へし切長谷部のレプリカを展示し、古地図や再現模型などもゆっくり鑑賞していただけます。お堀端の蓮も開花しておりますので、お散歩がてら当館へもお立ち寄りください。

 

このページの先頭へ