ブログブログ

親子で探検!~福岡城のやぐらを探せ!!~ を開催しました

 

11月14日(土)、澄みきった秋空が広がる中、小学生とその保護者の方がたで福岡城内を散策していただく機会を設けました。

城内はすっかり秋の色に染まっています。

 

かつて福岡城内には47の櫓が建っていたと言われていますが、現在ご覧いただけ
るのはわずかに4カ所となっています。

 

その内の1つ、(伝)潮見櫓と今回内部を見学の下之橋御門櫓

 

この日は今はもう見ることが出来なくなってしまった櫓の跡を辿って、また現存
する櫓も見学してもらいながらの城内散策に16組の方々がご参加となりました。

一組ずつ時間をずらして出発です!

お渡しした地図を見ながら、城内の探検へ

 

出発前に念入りに内容を確認

解説や出題クイズを載せた「しおり」は、今年は巻物タイプです。

 

城内では順路に沿って、かつてあったはずの櫓の姿をCG映像(再現)で確認。

 

また指定のポイントで櫓についてのクイズなどに答えてもらいながら、約2時間
ほど城内を散策です。

 

 

福岡城では唯一、当時のまま現存する多聞櫓や下之橋御門の上にある櫓の内部も
見学していただきました。
今とは違うお城の建物の造りに、皆さま興味津々。

 

途中、順路を見失ったり、クイズの答えがなかなか見つからなかったりと色々
ありましたが、皆さま無事にゴールの探訪館へ。

 

今回はいつもとは違った目線で福岡城を楽しんでいただけたかと思います。
じっと目をこらすと、きっと何かしら新しい発見が!?

 

またいつでも気軽に福岡城へ遊びに来てくださいね。

 

福岡城跡の秋

 

11月3日(火)文化の日、福岡城跡の多聞櫓と三の丸広場では、様ざまな

催しが行われていました。

また、普段は非公開の、国指定文化財の「多聞櫓」内部が特別に一般公開

されていました。この櫓は江戸時代から城内に現存する唯一の櫓です。

総延長72m、内部は16の小部屋に分かれています。石落としや狭間(鉄砲を

撃つ小窓)が備えられていることから、いざというときの防御のための櫓と

考えられていましたが、平素は倉庫等に利用されていたと言われています。

(多聞櫓)

(多聞櫓内部)

 

多聞櫓の南側前面の広場では、「ブックオカのきなし古本市in福岡城」

と題し、古本屋さんが軒を連ねる青空古本市が行われました。

櫓を眺めながらお気に入りの古本を探すのは、なんだかとても心地

よかったです。

 

三の丸広場でも、公園を満喫できる様々な遊びが行われていました。

子供たちは、大喜びです!

(紙芝居)

(ジャンボシャボン玉)

 

この日はマルシェも開催されていました。

久しぶりのマルシェで、皆さんお買い物を楽しんでいました(^^)/

 

これから、紅葉の季節です。城内の木々も少しずつ色づいています。

新型コロナウィルス感染症対策をして、福岡城跡で秋の散策を楽しま

れませんか?

 

このページの先頭へ