uO

はや解き 福岡城 (その7)  ~お城の建物は戦争で焼けたの?~

福岡城のはや解きも、本日で最終回となりました。

今回はお城の建物がなぜ残っていないのか?焼けたのか?

について、ご紹介いたします。

 

福岡城の城内には藩主の住まいや、藩を治める役所の建物、家老屋敷、

そして、47の櫓や10の門などがありました。

「福岡城むかし探訪館」が建っているあたりも、江戸時代は家老屋敷が

並んでいたと考えられています。

 

明治時代になると、当時の政府の役職であった太政官から廃城令という

命令が出されました。(明治6年)

これに基づき、福岡城は陸軍が使用する軍用地となり、併せて従来からの

建物等で陸軍による使用がされないものについては、解体や移築されることに

なったのです。多くの櫓や門なども解体され、黒田家のゆかりのお寺に

移築されるなどして、ほとんど城内からなくなりました。

 

お城によっては、軍用地として城跡が利用されるため、石垣を壊されるところも

ありましたが、幸い福岡城の石垣は壊されずに、今でも当時の姿で残っています。

ちなみに、福岡県庁も明治4年から福岡城内に置かれていました。

 

一方、江戸時代、弓矢や槍などの様々な武器を収めていた武具櫓は、

大正時代に現在の中央区浜の町にあった黒田家の別邸に建物の大きさを変え

移設されました。しかしながら、昭和20年の空襲で焼けてしまいました。

●福岡城に在りし日の武具櫓

 

また、黒田家ゆかりのお寺といえば博多区千代にある、崇福寺が有名ですね。

黒田官兵衛・長政などのお墓があるお寺です。

ここに移築された福岡城の表御門は、幸い空襲を免れ、現存しています。

下の写真は明治時代()と現在()の表御門の姿です。

●明治初期の福岡城 表御門        ●現在の崇福寺 山門

 

その後、一部の櫓が城内に再移築されてきたり、

また、下の写真の櫓や門などが、福岡市により復元整備を目指されているところです。

やがて昔の面影がより感じられることになりそうです。楽しみですね!

●潮見櫓(再建に向け福岡市で保存中)   ●上之橋御門(明治時代の様子)

 

 

福岡城では新緑のグラデーションがきれいな初夏を迎えております。

これからの時期は菖蒲や紫陽花が見ごろを迎えます。

お散歩がてら、福岡城に、そして福岡城むかし探訪館にもお出かけください。

 

 

 

 

 

 

 

はや解き 福岡城(その6)~天守閣ってあったの?~

お城のシンボルと言えば、天守閣!その存在が謎に包まれているのが福岡城の天守閣です。

 

福岡城が描かれた地図として最も古いのが福博惣絵図です。

1646年に描かれたものですが、この地図には天守閣がなく、また福岡藩には天守閣に関する資料がないことから、長政は江戸幕府に忠誠を尽くすことを示すために天守閣を造らなかったと言われてきました。

ところが近年、天守閣の存在をうかがわせる文献がでてきました。

 

江戸時代の初期、お隣の豊前小倉藩にいた細川忠興という大名が、1620年三男忠利に宛てた書状に

「黒田長政が幕府に配慮し天守閣を取り壊すと語ったらしい」という記載があるのが発見されたのです。

また同年同じく細川忠興が家臣の松井興長に宛てた書状には

「天守閣を壊して石垣の石も大阪城の工事に持っていく」とも書かれていました。

 

さらに、築城開始の翌年、1602年に黒田長政が家臣の黒田一成に宛てた書状に、

「今月中に天守閣の柱立てを行うように命ずる」という記載がありました。

こちらは現在の福岡城の写真です。天守台に上がる最後の階段の右側にはいくつもの礎石があります。

 

 

ということは、この礎石の上には天守閣の柱が立っていたのでは!

こちらがCGを使って再現した柱の様子です。

 

 

そしてその柱の上にはこのような天守閣があったのでは?

 

 

こちらも同じくCGを使って再現したものです。

 

これらの存在を思わせる内容の書かれた古文書の発見により、実際には天守閣を造ったものの10数年で取りこわしたのでは?との議論を呼んでいます。

では、なぜ取りこわさなければいけなかったのか?そこには外様大名としての長政の立場や当時の時代背景が大きくかかわっているようです。

 

江戸時代では幕府の許可を得ずにお城の建物などを勝手に修理したりすると領地を取り上げられました。

1619年福島正則が無断で城を修理したため、広島藩49.8万石から高井野藩(信濃高井郡2万石 越後魚沼郡2.5万石の合わせて4.5万石)へと減封の上移封となりました。

軍事施設としての城の増改築はお家取りつぶしにもつながるため、黒田家をはじめとする外様大名は幕府に対して非常に気を使ったとのこと。

 

また戦国時代が終わりをむかえ、徳川幕府の世が安定期に入ると、幕府は全国の諸大名に命じ大阪城や名古屋城など天下普請が盛んに行われるようになり、藩の財政は苦しくなる一方でした。

1638年島原の乱の功績に対して「天守閣などを建設(再建)されたいときもあるだろうから、そのときは将軍様のご意向を得られるが良い・・・」と、幕府からの申し出が書かれた古文書も見つかりましたが、再建された事実はありません。

 

このように、天守閣の存在は謎ですが、城内には櫓や門など多くの建物がありました。

しかしながら、現在残っている建物はほとんどありません。どうしてなのか?

答えは次回の「お城の建物は戦争で焼けたの?」で!

 

 

 

 

 

はや解き 福岡城(その5)~大濠公園の水はしょっぱいって本当?~

ジョギングや散策、レンタルボートなどで多くの人たちが楽しむ全国屈指の水景

公園、大濠公園。広さは39万8千平方メートル(福岡PayPay ドーム約6個分)あ

り、そのうち半分以上の広さを池が占めています。

 

 

このシリーズの「その4」でもお話しましたが、福岡城は周囲をぐるりと堀で囲

まれていて、福岡城の西側に位置する大濠公園もまた、福岡城の堀の一部でした。

 

 

福岡城が築かれた頃は、大濠公園のある一帯は博多湾へとつながる入り江でした

が、築城する際にその北側部分を埋め立てて町を造るとともに、入り江となって

いた部分をそのまま堀として利用しました。

「大きな堀」だったので「大堀」です。この「大堀」の字が「大濠」へと変わった

のは明治時代以降です。

 

一方、築城の際、お城を囲む堀は、肥前堀などを掘削して福岡市の中心部・中州の

そばを流れる那珂川まで繋げました。これにより、那珂川から取り込まれた水は

城の周囲を巡って、大堀につながる黒門川から博多湾へと流れ出ました。

このように福岡城は川の水を巧みに利用して、堀の水を循環させていたのです。

 

また、これに伴い元もと大堀に流れ込んでいた樋井川(ひいがわ)は、二本の

河川からの流水により堀の水が溢れるのを防ぐため、進路は鳥飼付近で大きく西へと曲げられました。

 

明治時代に入り、那珂川とつながっていた肥前堀などは埋め立てられ、そこは市

役所や商業施設用地として利用され、大堀も昭和2年の「東亜勧業博覧会」の会場と

なった際に埋め立てられて、以前の半分の大きさとなりました。その後、公園とし

て整備され「大濠公園」が誕生しました。

 

さて、現在の大濠公園の水はしょっぱいのかどうか?

水の成分を実際に測定すると、ほぼ真水だそうですが、詳細な分析では、築城前ま

では博多湾の入り江だったことなどから、今でもほんの少し塩分も検出されるようです。

 

現在、大濠公園の池の水は浄化装置により浄化されていますが、飲むことはできません。どのくらいしょっぱいかな!?とこっそり舐めたりしたらダメですよ!

 

次回は、福岡城最大のミステリー「天守閣ってあったの?」です。お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はや解き 福岡城(その4)~福岡市地下鉄は石垣を目覚めさせた?~

福岡城はとても攻めにくいお城だったと言とわれていますが、その理由の

一つに、常に周囲を水で囲まれるようにした「水堀」があったからです。

その堀の幅は、上之橋から下之橋では60mから70mあったとされ、

他藩の城と比べても広く、このように内郭を幅の広い一重の堀で取り囲む

例は、近世城郭ではあまり見られないものだと言われています。

 

しかしながら、明治43年に市内電車をこの辺りの前面の道路上を走らせる

ときに、その一部堀が埋め立てられ、2/3程の幅になりました。

軌道が敷設され、路面電車が走ることにより荒戸・黒門・地行一帯が

賑わいをみせるようになったようです。

 

その後、昭和51年に同道路下での地下鉄工事の際に、埋められていたお堀の

石垣が発見されました。長政公が築造して約400年後に再びこの石垣が脚光を

浴びることになったのです。凄いですね!! 一時は地下鉄の路線変更の話も

出たようですが、現実的には変更の余地はありませんでした。その一方で

発見された石垣を「部分保存」することになりました。

 

この福岡城跡堀石垣は、明治通りの赤坂交差点から西へ2分ほど歩いた

ところで見ることができます。毎週土曜と日曜日午前10時から午後5

に公開しています。入場無料です。

興味がある方はそちらにもお出かけください。

水中に沈んでいた石垣で、実際に見るとかなり迫力があります。

そして、当時の福岡城があった時代にタイムスリップした気分を

味わうことができるかもしれません(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は「大濠公園の水はしょっぱいって本当?」です。

大濠公園の水について詳しくなるかも!? こちらも楽しみにしてくださいね!

はや解き 福岡城(その3)~福岡城は山の一部を利用したって本当?~

 

関ケ原の戦いの後、豊前の中津藩からこの福岡(筑前)の地に転封された黒田家。

一旦、前領主の小早川秀秋の居城だった名島城に入城します。

しかし元々あった名島城は手狭で、発展していた「博多」の町からも遠かったことから新しい城を築くことにします。

 

まず4か所の候補地が挙がります。

1つ目は現在の博多区住吉神社の付近、2つ目は東区箱崎、3つ目は現在の西公園辺りの中央区荒戸山です。

そして最終的には土地の形状や、お城の防御などの点なども考え、現在の場所である当時福崎(ふくさき)と呼ばれた所に決まります。

 

このシリーズの「その1」にもありますが、福岡城の敷地は高さの違う4つの層が重なった形で構成されています。

実際の福岡城は広いため、一目で高さの違いを見ることは出来ませんが、この福岡城むかし探訪館内にある1/400スケールの模型をご覧いただくと良く分かります。(以下は模型写真です)

三の丸(標高5~8m)→二の丸(〃16~18m)→本丸(〃23m)の順に高くなり、1番高い所が天守台(〃36m)となります。

ではこの4つの高さの違い、実際どのようにして作ったのでしょうか?

 

通常、高さの違う台地を作るには盛り土という、土を積み上げて段階的に高さを変えていく方法があります。

しかし福岡城は少し違いました。

 

この福崎の地は北側は海、南側には小高い山が連なる丘陵地でした。

その丘陵地、赤坂山から続く自然の地形を最大限に利用します。

傾斜地を削りながら、また場所によってはその削った土を使用し、盛り土をして4つの層に整地していったのです。

 

また、お城の南側の丘陵地の一部は切り落として堀や平地を造りました。

お城の南側は水堀から三の丸まで急な斜面となっています。

 

元々の自然の山を利用して作られたお城。

高い所にある本丸には、山の水脈を利用したと思われる井戸が三か所残っており、今でも水を湛えています。

 

次回は「早解き福岡城(その4)~福岡市地下鉄は石垣を目覚めさせた?~」です。

はや解き 福岡城(その2)~福岡の本家は他所に?~

第1回目でも述べましたように、初代福岡藩主黒田長政は関ヶ原合戦で手がらをたて、徳川家康から筑前(現在の福岡)を与えられました。

ここから『福岡』という名前の歴史が始まっていきます!

それはなぜでしょう?

 

それまで、現在の福岡城のあたりは「福崎」と言われていました。

黒田官兵衛・長政親子が築城する際に、初めて「福岡」という名前が付いたのです。

 

さて、この「福岡」という名前は、どこからきたのでしょうか。

定説では、黒田家の故郷に因み付けたと言われています。

黒田家の故郷と言われる「福岡」は、現在の岡山県瀬戸内市で岡山市の東隣の市です。

現在でも黒田家ゆかりの場所があり、「福岡」という名前も多く残っています。

「福岡」の名前の本家は、岡山だったのですね。

「備中福岡城跡」というのもありますよ。

岡山なのに、福岡城。不思議ですね。

 

ところで、福岡の町は「福岡」と「博多」と両方使われていますが、どのように分かれているかご存知ですか?

福岡市の中央部、夜の繁華街である「中洲」を流れている「那珂川」。

この川から東側、古くから町人たちのまちとして栄えていたのが「博多」。

一方、官兵衛・長政が新しくお城を中心につくったまちが「福岡」でした。

 

江戸時代、その「福岡」と「博多」を分けていた門があります。

築城の際、那珂川沿いに架けた橋を渡った「福岡」側に石垣を築き作った「枡形門(ますがたもん)」です。

「博多」の町から入る人は、この門で検問を受け、武士の町「福岡」に関係のない人は入ることが出来ませんでした。

下の古地図の赤い丸印の場所が「枡形門」で、その下が明治時代の古写真です。

 

「天神」と「中洲」に架かる橋を通るときには、ここから「福岡」「博多」などを感じてみるのも楽しいかもしれませんね。

 

次回は『福岡城は 山の一部を利用したって本当?』というテーマです。お楽しみに!

 

はや解き 福岡城(その1)~福岡城とは~

「福岡城むかし探訪館」では、福岡城跡に来られた皆様にお城の概要の説明や、

回遊のご案内をしております。

 

しかしながら、今月の31日まで休館の予定ですので、ご自宅で福岡城の概要を

手軽に知っていただこうと、今回を始め7回シリーズでブログにより福岡城の

ご紹介をすることにしました。

 

 

福岡城は、黒田長政が関ヶ原の合戦で大きな手柄をあげたため、徳川家康から

この福岡の地(当時は筑前)を拝領しました。

以前の中津藩123千石から、523千石への大出世です。

 

その頃は、秀吉から天下を取るほどの器量をもつと恐れられていた父 官兵衛

(如水 じょすい)も生きておりましたので、二人で築いたと言われております。

(ただ、江戸にいる長政が自分の臣下に、親父が地元でいろいろ口出しをするだ

ろうが、自分のいうことだけを聞いていれば良いと言ったとか…いつの時代も同じですね)

 

お城は、他の地域でも一緒ですが、戦国時代が落ち着くと平地に城を築くのが

一般的になっており、福岡城も平地・湿地帯を利用して築城しました。

広さは福岡PAYPAYドーム7個分 (41万㎡)、東西1km、南北700mという広さです。

 

高さ的には三の丸、二の丸、本丸、そして天守台の四層構造です。

その間はもちろん至るところに石垣を築き、とても攻めにくいお城だったようです。

石垣の石は、元寇防塁、当初入城していた名島城、そして糸島半島にある可也山

(かやさん)などから運んできました。

 

周囲に巡らせたお堀には、約1.5km離れている福岡市の中心部を流れている那珂川

から水を引いて、博多湾に流し出しました。

 

これらの大工事を、ブルドーザーやダンプカーがない時代にたった7年間で完成させました。

すごいですね。大きな機械がないので、人を多く使ったのでしょうね。それだけ

藩主の力が大きかったということですね。

 

次回は 「福岡」の本家は他所に? というテーマです。是非楽しみにしてください。

 

      

黒田官兵衛(如水)                                                  黒田長政

このページの先頭へ