2月27日から臨時休館しておりました「福岡城むかし探訪館」

「鴻臚館跡展示館」ですが、3月21日より開館いたしました。

開館を心待ちにしていただいていたお客さま、お待たせいたしました!

 

そして、開館に合わせたかのように、福岡城跡の桜も開花し始めました。

今年は暖冬だったため、桜の開花も早まるかと思われましたが、

ほぼ例年どおりの開花となりました。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「福岡城桜まつり」は残念ながら中止

となりました。恒例の出店や夜間のライトアップなどはありませんが、城内を

自由に散策していただくことはできますので、ぜひ満開の桜を見にお越しください。

見頃は3月下旬で、あと1週間ほどで満開となりそうです。

 

また、「鴻臚館跡展示館」では、現在、遺構の修復作業を行っております。

展示館に一歩足を踏み入れるとすぐ目前に広がる巨大な遺構に、

来館者の皆様は一様に驚かれ、「本物ですか?」との質問をよく

受けますが、もちろん本物です!

 

発掘作業が終了した他の遺構は埋め戻されていますが、展示館部分の

遺構は覆い屋を建て、発掘された品々とともに公開しています。

今回の作業では、遺構の周囲の壁から浸水してくる水を外部へ排出

するための管を埋め込んでいます。

 

現在の遺構の修復作業は3月31日までの予定です。修復作業中も展示館は

通常通り開館していますので、作業の様子もあわせてご覧ください。

 

お馬さんたちも「福岡城むかし探訪館」横で待っています!

乗馬とお花見を同時に楽しみませんか?

「福岡城サムライライディング」につきましては、

詳しくは城内イベント情報をご覧ください。

 

 

コロナウイルスの感染が収束に向かい、国内外から多くのお客様に

お越しいただける日が早く来ますように、スタッフ一同願っております。