暦のうえでは立春を迎え、福岡城跡でも少しずつ
春の気配を感じるようになってきました。

 

二の丸の梅園では、梅の花が見ごろです。
園内は、風に吹かれほのかに甘い梅の香りがします。
新元号の「令和」になって、初めて梅の季節を迎えますね。
「令和」は大伴旅人が大宰府の地で行った「梅花の宴」で詠まれた
和歌の序文の文言を引用した元号ですが、
今年は特に梅の花が感慨深いものに感じられます。

 

石垣をバックに色とりどりの梅にも風情があります。

 

松の木坂では、水仙と梅を同時に観ることができて、
とても綺麗です。

 

2/15(土)・2/16(日)には、ここ二の丸の梅園で「梅まつり」が
開催されます。詳しくは舞鶴公園管理事務所ホームページ
まだまだ寒い日が続きますが、春の訪れを感じに福岡城跡へ
散策にお越しください(^^♪