8月12日から始めた当館と三の丸スクエアのホームページのブログによる
リレー方式でご案内している「バーチャルガイドツアー」については、
今回で延べ4回目になりました。

 

前回の三の丸スクエアのブログでは、表御門[現在:崇福寺の山門]を
ご紹介しました。

 

IMG_0008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三の丸スクエアから出されたクイズ「表御門を抜けるとたどり着く先は???」
の答えは・・・・・

 

本丸2 [現在]

IMG_0009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[江戸時代]

 

 

本丸です。

 

当時、本丸には、藩主が政務を行うとともに住居としても使われた「本丸御殿」があり、天守台へと続く福岡城の中心地でした。
本丸御殿の「殿釈迦の間」では、黒田長政と信頼のおける家臣数人が「腹立てずの会」と呼ばれる会合を行っていました。
この会合では、誰に何を言ってもよいが腹を立てないこと。
政治についてもこのようにして、長政は周りの意見に耳を傾ける謙虚さを持って
いたようです。

 

また、本丸の北東の角には、祈念櫓(県指定有形文化財)が現存しています。

 

IMG_0875

 

名前のごとく、鬼門を封じ、災難を避け、家内安全と繁栄を祈念するために
建てられた二階櫓です。
タブレットで当時の姿をご覧いただくと、現在の祈念櫓とは外観も規模も
大きく異なっていることが分かります。
歴史をさかのぼると、大正9年に北九州市八幡東区の大正寺に観音堂として
移築され、昭和58年に福岡城へ再移築されています。
現在の姿への改変は、大正寺への移築時に行われたものと考えられています。
違いは、ぜひツアーでご覧ください。

 

当時の福岡城の姿を画像(CG)でご覧いただけるだけではなく、上記のような
さまざまな解説がタブレットで聞けるのもこのツアーの見所です。
もちろん、ガイドさんによる生の声も聞けますよ。

 

ガイド

 

 

本丸の鉄(くろがね)御門より、

鉄御門3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[鉄御門跡]

 

 

本丸の更に上へ登り、福岡城跡で一番高い所へ。
そこからは、現在、福岡市内を360度見渡すことができます。

さて、福岡城跡で一番高い所は?

答えは近々、三の丸スクエアのブログにて。

お楽しみに!!

 

 長政1

               黒田長政[福岡市博物館蔵]