uO

休館日のお知らせ

年末年始(12/29~1/3)は休館致します。

 

当館は今年4月にオープン致しました。
当初から多くのお客様にご来館頂き、誠にありがとうございました。

 

城内で四季を過ごして、桜の他にも様々な花が咲き、緑を楽しませてくれた木々が
紅葉していく様は、石垣と調和して素晴らしいものでした。
福岡城跡は、その昔、鴻臚館もあった歴史とロマンあふれる場所です。
これからも、多くの方に福岡城跡の魅力をお伝えしていきたいと思っております。

 

よいお年をお迎えください。

 

 

上之橋御門 石垣の修復工事 (第4回)

裁判所駐車場側の石垣はほとんどなくなり、明治通り側の石垣も上の方が運びだされています。
7月下旬に始まった石垣の修復工事ですが、半年で半分近くの石がなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

明治通りより撮影

 

 

福岡城内クリーンアップ作戦(第3回)

12月9日(日)、第3回福岡城内クリーンアップ作戦が行われました。
今回は中学生の団体を含め、約120名の方にご参加頂きました。

 

清掃の途中、お城に関わるクイズが出題され、歴史にも興味を持って
頂けるような工夫もされていました。
雪がちらつく中、皆様には楽しみながら清掃活動にご協力頂きました。

 

その後、普段入ることの出来ない下之橋御門と伝潮見櫓の見学会があり、
福岡の歴史に触れ、福岡城を身近に感じる良い機会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

寒い中ご参加頂きました皆様、誠に有難うございました。

次回の日程は、当館ホームページでご案内します。

 

 

茶房「光姫」

当館に併設している茶房「光姫」では、ドリンク・スウィーツに加え、軽食も
始めました。
詳しくは、当館ホームページの施設案内をご覧ください。
茶房から見える東御門の石垣は二の丸へと続いており、絶景を眺めながら
のんびり休憩することができます。
当館で顔見知りになり、お茶を飲みながら歴史について語り合われる方も
いて、歴史愛好家の憩いの場にもなっています。

 

                                   東御門(7月撮影)

 

 

福岡国際マラソン選手権大会

12月2日(日)、福岡国際マラソン選手権大会が平和台陸上競技場発着で
行われました。
海外からも多くの方が見え、福岡のまちが賑わいました。

 

 

鴻臚館

鴻臚館は、7~11世紀頃(飛鳥、奈良、平安時代)の迎賓館に相当する施設で、中国・唐や朝鮮・新羅の外交使節や商人をもてなすとともに、日本の外交使節である遣唐使や遣新羅使の送迎にも使用され、交易の拠点でした。
大正末頃、中山平次郎(九州帝国大学医学部教授)は、遣新羅使が筑紫館(後の鴻臚館)で詠んだ万葉集の古歌をヒントに、古代の瓦や中国陶磁器を福岡城内で採集し、その後1987年(昭和62年)、平和台野球場外野席下の発掘調査で鴻臚館の遺構が発見されました。
鴻臚館は平安京(京都)、難波(大阪)にも設けられましたが、その遺構が確認されたのは筑紫(福岡)だけです。
鴻臚館跡展示館は、遺跡の上に覆屋を建て、発掘された礎石などの建物跡とその復元模型を公開し、CGで当時の様子もご紹介しています。
開館時間は9:00~17:00(入館は16:30まで)<休館日12/29~1/3>で、入館無料です。

 

 

 

 

 

 

 

12月1日(土)には、「鴻臚館」発掘調査現地説明会が行われました。
昭和62年から続いている発掘の現場では、当時の遺構に加え、福岡城築城頃の重臣屋敷の境溝も見学できました。
併せて、「福岡城」石垣修復工事の現地も紹介され、福岡の歴史に関心をもたれた方が多かったようです。

 

鴻臚館跡展示館と当館を見学されますと、古代日本最大の国際交流の拠点だった鴻臚館の場所に、江戸時代には福岡城が築城され、長い年月の中で変化した地形にも驚かされます。
福岡の歴史を知ると、身近な場所のよさが改めて分かります。
是非、お越しください。

 

 

このページの先頭へ