福岡城跡の説明を読んでいると「潮見櫓」と「(伝)潮見櫓」と2つの潮見櫓の名前が出てきます。はたして福岡城には潮見櫓が2つあったのか?

 

実は「(伝)潮見櫓」は、大正時代に旧黒田家別邸に一旦移築され、潮見櫓として城内下之橋御門横に再移築されましたが、その後本来の潮見櫓ではない可能性が高くなったため(伝)とつけられました。

 

そして本来の潮見櫓は、崇福寺に移築されていました。

三の丸北西隅に位置していた櫓で、玄界灘や博多湾の監視に使用していたと推測されています。

(明治通りを西に向かいお濠が途切れるところ、「かんぽ生命保険」の裏手あたりです)

 

この潮見櫓については、現在「福岡みんなの城基金」を活用して、福岡市により復元整備が進められています!

次の写真は、昨年の6月当ブログにアップした工事中と最近の「潮見櫓」の場所の写真です。

 

石垣が綺麗に整備されました。

地下鉄大濠公園駅の5番出口を出ると、右側に見えますよ。

 

さて、「潮見櫓」が復元したら、この2つの櫓がお濠沿いに並ぶことになります!

ということで、ツーショットが撮れるのか「潮見櫓」の古写真を切り取ってシミュレーションしてみました。

 

「(伝)潮見櫓」を左端にすると、全く「潮見櫓」の場所が見えません。

 

右端にしても、お濠の地形や樹木で隠れて2つ一緒に見えそうにありません。

(「(伝)潮見櫓」は、矢印の下あたり)

<この写真は加工したものです>

いろんな場所から撮ってみましたが、お濠側だとちょっと難しそうです・・・。

 

では、三の丸広場側からはどうでしょう。

まずは、「(伝)潮見櫓」側からとってみました。〇の場所が「潮見櫓」の場所です。

ツーショット、撮れそうです!

 

現在工事中の「潮見櫓」側からも撮ってみました。〇の中が「(伝)潮見櫓」です。

結構いい感じで撮れるのではないでしょうか☆

<この写真は加工したものです>

 

ちゃんと綺麗に撮れるかどうかは、復元後のお楽しみですね!