福岡藩の藩祖黒田如水の妻が光姫(雅号は幸円)です。播磨国(兵庫県)の志方城主 櫛橋伊定(くしはしこれさだ)の次女として誕生。「才徳兼備」といわれ、知的で優しく、誰からも愛される姫でした。

 戦乱の世を駈けぬけた如水の活躍の裏には、光姫の内助の功が大きな力を発揮したといえます。多くの戦国武将が側室を持つ中、光姫は如水生涯ただ一人の妻として一生を全うしました。