黒田如水(官兵衛・孝高)は、播磨国(兵庫県)姫路城で生まれました。

 豊臣秀吉の軍師として活躍し、九州征伐で恩賞を受け豊前国の6郡を与えられ、播磨国から豊前国(中津)へ移ります。さらに、如水の子の長政は関ヶ原の戦いで戦功を上げ、如水・長政親子は筑前国(福岡)へ移り、福岡城を築城します。
 築城のプロ如水と勇将長政親子によって、城下町「福岡」と古くからの商人の町「博多」という現在の福岡市にも通じる双子都市の性格が作られたといえます。
 なお、御鷹屋敷は如水が晩年を過ごした所で、現在は「牡丹芍薬園」として親しまれています。