3月31日(日)、「第34回おおほりまつり」が行われました。
福岡藩祖・黒田官兵衛と初代藩主・長政を含めた黒田二十五騎武者を中心に、少年武者・稚児を伴った行列が、西公園光雲神社から鴻臚館跡展示館前芝生広場まで練り歩きました。
城内のおまつり舞台では、官兵衛・長政・黒田二十五騎の紹介、鴻臚館の優美な宴”荒津の舞”などをご覧頂け、タイムスリップして当時の文化・歴史に触れることが出来ました。
官兵衛が来年の大河ドラマの主人公になることもあり、とても盛り上がりました。