世界中の35歳以上のラグビー愛好家が集う国際交流の式典 「2012年 ゴールデン
オールディーズ・ワールドラグビーフェスティバル福岡」が、10/28から11/4ま
で行われます。
福岡での大会は、日本はもとよりアジア初の開催となります。
10/28(日)に福岡市役所西側ふれあい広場で開会式が行われ、その後、舞鶴公園
(福岡城址)まで、民族衣装や仮装をした選手達のパレードが通りました。

当館横では、博多那の津会による三味線の演奏でお出迎えをし、伝統芸能に興味を示されている外国の方も多く見受けられました。

 

 

 

 

 

 

城内本丸では、和のおもてなしをテーマとしたウェルカムパーティーが行われ、
日本文化(琴、尺八演奏・観月の宴[かぐや姫]等)を直接肌で感じながら、和食も
楽しんで頂き、日本そして福岡を知って頂くよい機会にもなりました。

 

開催2日目以降は、試合が行われ、九州各地での観光も予定されています。