uO

工事に伴う天守台への通行規制のお知らせ

石積階段(鉄御門跡)への木製補助階段設置工事及び、天守台の鋼製階段補修工事
の為、下記の期間、天守台への通行が制限されます。
ご来園の皆様には、大変ご不便をおかけしますが、
ご理解とご協力をお願い致します。

 

天守台へ迂回し通行して頂く期間(木製補助階段設置工事)
平成26年11月20日から12月初旬まで(予定)

IMG_0531 (768x1024) 

 

 

 

 

 

 

木製階段設置場所

 

 

天守台を閉鎖する期間(天守台の鋼製階段補修工事)
平成26年12月8日から平成27年3月6日まで(予定)

DSC02148

DSC02160                鋼製階段補修場所

 

 

舞鶴公園全体図

工事箇所

 

う回路 (2)         拡大図(迂回ルート)

 

 

 

工事についてのお問い合わせ先
福岡市住宅都市局みどりのまち推進部みどり整備課
TEL:092-711-4410

 

 

 

 

 

福岡黒田武将隊情報

福岡黒田武将隊のホームページ全面リニューアルしました。
福岡城跡を始め、様々な場所へ現れますので、
皆様のお越しをお待ちしております。

 

○武将隊2(トリミング2)

 

 

 

 

行ってよかった日本のお城2013 TOP12

世界最大の旅行口コミサイト”トリップアドバイザー”で「行ってよかった日本のお城2013」に、城跡でありながら『福岡城』がランキング第12位に選ばれました!

福岡城に天守閣があったかどうかは謎に包まれていますが、今でも残っている石垣・門・国指定重要文化財の多聞櫓等から往時の姿をうかがうことができます。
また、幻の天守閣も含め、当時の姿を再現したタブレット端末で今と昔を交差しながら史跡を散策するガイドツアーでは、福岡城を満喫頂けます。(詳しくはこちらをご覧ください。

当館では、古地図や福岡城の再現模型、映像を通して様々な角度から福岡城を身近に楽しく体感することが出来ます。

このような素晴らしい福岡城跡へ、是非お越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多 聞 櫓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下之橋御門と伝潮見櫓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祈 念 櫓

 

 

「筑紫の館」万葉歌碑

当館の裏には、「筑紫の館」万葉歌碑があります。
8世紀、遣新羅使が、筑紫館(後の鴻臚館)で
故郷の大和に残した家族に向けて詠んだ歌です。
[鴻臚館:古代(飛鳥、奈良、平安時代)の迎賓館に相当する施設]

 

今よりは 秋づきぬらし あしひきの 
山松かげに ひぐらし鳴きぬ

 
今はもう秋になってしまったらしい。
山の松陰でヒグラシが鳴き始めた。

 

都を出てからすでに長い時間が経ってしまった。
予定では秋に都へ帰るはずだったのに、まだ筑紫にいる。
いつ故郷に帰れるだろうか。

 
昔も今も変わらぬ故郷を懐かしむ思い、恋しい人への思いが伝わってきます。

 

福岡には、まだ沢山の万葉歌碑がありますので、当時の世界に思いを馳せ、
万葉歌碑巡りを楽しんでみてはいかがでしょうか。
(参考)
「荒津の浜」万葉歌碑       (大濠公園)
「荒津の崎」万葉歌碑       (西公園)
「西公園入口」万葉歌碑          (荒戸2丁目)
「草香江」万葉歌碑        (六本松1丁目)

 

 

新しい記事を見る →

このページの先頭へ