uO

ツアー紹介「福岡城 城下町あるき」

NPO法人 福岡城市民の会が主催するツアーが9月から12月にかけて月イチで開催されます。福岡城より東西南北 ゆかりの城下町や神社仏閣の由来を尋ねます。

 

①東コース

紺屋堀・肥前掘界隈を巡る(上ノ橋御門~赤坂門~薬院門~数馬門)

9月10日(土)10:00-12:00

 

②西コース

金龍寺と貝原益軒(下ノ橋御門~唐津街道~鳥飼八幡~金龍寺)

10月8日(土)10:00-12:00

 

③南コース

赤坂山の史跡を巡る(追廻門~赤坂山~丸山古墳~小烏神社)

11月12日(土)10:00-12:00

 

④北コース

福岡藩港・荒津山(永蔵~益軒屋敷跡~波奈ノ湊~光雲神社)

12月10日(土)10:00-12:00

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

★お問い合わせ・申込みは下記へお願いします

「NPO法人 福岡城市民の会」

TEL:092-716-8238 FAX:092-716-8254

Email:staff@fukuokajokorokan.info

 

 

ツアー紹介「福岡城ものがたり」

人気ツアーの第3弾がはじまりました。
3つの切り口から福岡城の核心に迫ります!

 

①櫓ものがたり
城内に47在ったという櫓は、何処にどのくらいの規模で、いつ頃まで在ったのか。また、その役割や目的は?

 

②石垣ものがたり
城郭の防御線として3,350m程築かれた高石垣。この石は何処からどのようにして運び、どう積み上げられたのか。また、その役割は?

 

③水ものがたり
飲み水、水処理や排水、広大な城周りの堀の水は、どこからどのように調達し、どう処理したのか。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

★お問い合わせ・申込みは下記へお願いします
「福岡城・鴻臚館を活かした観光都市戦略事業実行委員会」
TEL 092-716-8238 FAX 092-716-8254

 

 

 

鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩ガイドツアー      5.天守閣編

ガイドツアーシリーズも最終回になりました。

前回、三の丸スクエアのブログでご紹介した天守台は、現在でもそのまま残っており、福岡城のシンボルです。

天守台1

 

三の丸スクエアから出題されたクイズ「もしあったのであれば、江戸時代、天守台上にあったものは?」の答えは、

 

天守閣多聞櫓付近から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天守閣」です。

 

近年、天守閣があったという説が有力にはなってきていますが、今だに古写真や設計図等の確証が取れるものが何も見つかっておらず、あったかどうかは謎に包まれています。
もしあったのであれば、5重(屋根の数)、6層(6階)、地下1階で、石垣天端上の高さ87尺(約27m)であったと想定されています。[福岡城散策マップより(NPO法人福岡城市民の会)]
幻の天守閣の風貌は、ぜひツアーに参加して色々な角度からお楽しみください。
また、天守台からは、お殿様が見たであろう風景もご覧いただけます。
当時、西側にあったお城の大きな濠は、現在、約半分の大きさになって大濠公園になっているのもお分かりいただけますよ!

天守からの - コピー 

 

天守台からの眺め3 

 

 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東側(天神方面)には、今はなき濠(肥前堀等)が中洲の那珂川まで続いていました。
約400年の間に福岡のまちも随分変わってしまっていますね。

IMG_0011 - コピー

 

7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡城跡には福岡に住んでいても知らない眠った歴史が沢山あり、また、緑豊かな自然に恵まれています。
ツアーに参加してバーチャル画面を見ると、古からこの地を治めた建物群があったことや、さまざまな人々の暮らしがあったことを改めて知ることができると思います。

 

当館と三の丸スクエアのホームページのブログで、計6回にわたりツアーのご紹介をしましたが、福岡城の見所の一部です。
ツアーでは、鴻臚館もご案内しています。
ぜひ、ツアーに参加されて福岡城・鴻臚館と珍しい二重の史跡の歴史について触れてみませんか?
歴史が苦手な方でも、身近なこと・謎に包まれたことなどを知れば、歴史が楽しくなりますよ!

ツアーは毎日10:30から12:30で開催しております。
詳しくはこちらをご覧ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

                                完 結

 

 

 

 

 

鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩ガイドツアー      3.本丸編

8月12日から始めた当館と三の丸スクエアのホームページのブログによる
リレー方式でご案内している「バーチャルガイドツアー」については、
今回で延べ4回目になりました。

 

前回の三の丸スクエアのブログでは、表御門[現在:崇福寺の山門]を
ご紹介しました。

 

IMG_0008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三の丸スクエアから出されたクイズ「表御門を抜けるとたどり着く先は???」
の答えは・・・・・

 

本丸2 [現在]

IMG_0009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[江戸時代]

 

 

本丸です。

 

当時、本丸には、藩主が政務を行うとともに住居としても使われた「本丸御殿」があり、天守台へと続く福岡城の中心地でした。
本丸御殿の「殿釈迦の間」では、黒田長政と信頼のおける家臣数人が「腹立てずの会」と呼ばれる会合を行っていました。
この会合では、誰に何を言ってもよいが腹を立てないこと。
政治についてもこのようにして、長政は周りの意見に耳を傾ける謙虚さを持って
いたようです。

 

また、本丸の北東の角には、祈念櫓(県指定有形文化財)が現存しています。

 

IMG_0875

 

名前のごとく、鬼門を封じ、災難を避け、家内安全と繁栄を祈念するために
建てられた二階櫓です。
タブレットで当時の姿をご覧いただくと、現在の祈念櫓とは外観も規模も
大きく異なっていることが分かります。
歴史をさかのぼると、大正9年に北九州市八幡東区の大正寺に観音堂として
移築され、昭和58年に福岡城へ再移築されています。
現在の姿への改変は、大正寺への移築時に行われたものと考えられています。
違いは、ぜひツアーでご覧ください。

 

当時の福岡城の姿を画像(CG)でご覧いただけるだけではなく、上記のような
さまざまな解説がタブレットで聞けるのもこのツアーの見所です。
もちろん、ガイドさんによる生の声も聞けますよ。

 

ガイド

 

 

本丸の鉄(くろがね)御門より、

鉄御門3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[鉄御門跡]

 

 

本丸の更に上へ登り、福岡城跡で一番高い所へ。
そこからは、現在、福岡市内を360度見渡すことができます。

さて、福岡城跡で一番高い所は?

答えは近々、三の丸スクエアのブログにて。

お楽しみに!!

 

 長政1

               黒田長政[福岡市博物館蔵]

 

 

 

 

 

鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩ガイドツアー      1.東御門編

前々回(8/12)の当館のブログはご覧になられましたでしょうか?
これから、探訪館と三の丸スクエアのホームページで、
『ツアーの見どころ』を5回にわたってご紹介していきます。
ぜひ、ご覧ください。

 

今回は、最初に訪れる東御門跡についてです。

 

 

ツアーは「福岡城むかし探訪館」を出発します。

 

出発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


当館前にそびえ立つ「東御門跡」は、現在、石垣のみですが、
当時は石垣と石垣の間に「三の丸」と「二の丸」をつなぐ門があり、
この門の左手石垣上には炭櫓(高矢倉)が、右手石垣上には革櫓が
設けられていました。

 

IMG_0981 - コピー

IMG_0007

          炭櫓(高矢倉)           革櫓 
       [炭をしまう櫓]                              [革をしまう櫓]

(櫓:城郭内に防御や物見のために建てられた建造物で、武器庫でもありました。)

 

ツアーでは、タブレットをかざせば、
江戸時代の福岡城の姿が上記のようにその場その場でCGで現れ、
過去と現在を同時に見て、タイムスリップを楽しむことができます。

 

東御門

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東御門前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

革櫓下の石垣には他の石よりひときわ大きな石「鏡石」2つがはめこまれており、
権力を示すためのものだったと言われています。
鏡石は他の石垣の中でも見られます。

 

 P1070838

 

右側の鏡石の下の方には、次のような「十字」が刻まれている石もあります。

 

P1070830

 

ぜひ探してみてください。

 

 

東御門より、二の丸、本丸、天守台へと城内を登っていくメインルートが
続いており、当時、二の丸と本丸の間に表御門がありました。

 

42本丸表御門 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、表御門は城内にはありません。

さて、今、どこに移築されているのでしょうか?

答えは、後日、三の丸スクエアのブログにて。

 

 

 hime

 

 

 

 

 

「鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩」ガイドツアー

九州一の巨城と謳われた福岡城。
そこにあった建物は、明治時代の混乱とともに移築や解体などが進み、
今残るものは、多聞櫓・伝潮見櫓など、従来の姿を想うと、
少なくなってしまいました。
しかし、そんな福岡城ならではのツアーがあります!
「鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩」ガイドツアー
鴻臚館跡・福岡城跡における当時の姿を、CGなどのデジタル
技術を用いて
タブレット端末の中に再現。タブレット端末を手に、
ボランティアガイドさんの案内とともに史跡内を散策。

その場所で当時の姿などを体験できます。

 

簡単にご説明すると、タブレットをかざせばその場所その場所の
お城の在りし日の姿を見ることができる、まさに時空散歩ツアー。

 

その様子を少し覗いてみると・・・

ツアー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツアー2(軽)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東御門裏2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タブレットに映りこむ当時の景観に感嘆の声が上がっていました。

 

ガイドさんと一緒に歩くので、見どころを無駄なく回って、
わかり易い解説も聞けて、お楽しみが盛りだくさん。
時には面白いこぼれ話なども聞けます。
機械が苦手な方も安心して参加できますよ。

 

・開催は毎日 10:30~12:30
・出発とお申込みは福岡城むかし探訪館
・参加費/500円(ガイド料・保険料)

・人数/先着20名(ツアー前日までにお申込みください)
  ※小学生以下は無料ですが、保護者の同伴が必要で、保護者1名につきタブレット1台貸出。
  ※10名以上の団体様は別途相談可
  他にも必要事項等ございますので、詳しくはこちらをご覧ください。
 

夏休みの思い出づくりに、親子でのご参加はいかがでしょうか。

 

これから5回シリーズで『ツアーの見どころ』をご紹介していこうと思います。
探訪館三の丸スクエアのホームページで、クイズ形式で連載していく予定です。

 

               

              kanbe1 otanosimini

 

 

 

 

慎ましやかに咲く花たち

 福岡市美術館近くの花菖蒲園では、花菖蒲が見頃を迎えました。 

 

花菖蒲園 (1024x768)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

護国神社前の6号濠では、花菖蒲と睡蓮(桃色・黄色)をお楽しみいただけます。

 

睡蓮・花菖蒲 (1024x768)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

睡蓮アップ (960x1280)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当館では、デジタル技術で再現された当時の鴻臚館と福岡城へタイムスリップできる「鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩ガイドツアー」を毎日行っております。

(詳しくはこちらをご覧ください。)

 

皆様のご来園・ご来館をお待ちしております。

 

 

 

 

 

探訪館ツアー

10月28日、ふくおか官兵衛Girlsとふくおか官兵衛くんが

「福岡城軍師官兵衛ドラマ展」の案内をしました。

 

館内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩国よりお越しの皆様との記念撮影もありました。

 

集合写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九州創発塾2013

9月6日(金)・7日(土)に、第7回九州創発塾・福岡大会(西日本新聞社など九州7県の地元新聞社主催)が行われました。
その一環で、7日に福岡市内視察があり、「鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩」へ多くの方に参加頂きました。
このイベントの総合コーディネーターで脳科学者の茂木健一郎氏も見え、CGで再現した当時の福岡城・鴻臚館の姿と観光案内ボランティアの解説に、歓声が上がっていました。

 

表御門祈念櫓

 

鉄御門天守台より

 

「鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩」のご案内はこちらをご覧ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

「鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩」体験会

6月9日(日)、第5回福岡城内クリーンアップ作戦は、あいにくの雨で中止になりましたが、多くの方々にお集まり頂きました。
誠にありがとうございました。
清掃後に予定していたタブレットを使った「鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩」体験会は行われ、当時の鴻臚館・福岡城の雄大さに大きな歓声があがっていました。

 

 

 

「鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩」ガイドツアーは、6月15日(土)から再開致します。
詳しくは、当館ホームページの城内イベント情報をご覧ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

1周年を迎えました !

当館は昨年の4月6日にオープンし、おかげさまで1周年を迎えました。
ご来館頂きました皆様、誠に有難うございます。

来年の大河ドラマには軍師官兵衛が決まり、4月22日(月)から「鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩」ツアーが始まります。
このツアーでは、鴻臚館跡・福岡城跡において、デジタル技術を用いてタブレット端末で当時の情景を体験でき、ボランティアガイドによる案内とともに散策できます。
詳細は、当館ホームページのツアー紹介をご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔へタイムスリップ出来る福岡城跡へ、是非お越し下さいませ。

 

 

ガイドさんと楽しむツアー

 

 

 

 

 

 

先日、下記ツアーが行われました。

 
ガイドと楽しむ   天神まち歩きツアー! 
天神まち歩き 
鴻臚館と福岡藩物語コース
 [9月29日(土)]
天神~大濠まで歴史の舞台を歩く健脚ツアー
カフェでのお茶&スイーツ付き

 
福岡城跡建造物見学ツアー [9月30日(日)]
普段は中に入ることができない歴史的建造物「多聞櫓」
「祈念櫓」「伝潮見櫓」「下之橋御門」巡り                                                                                                     
 

ガイドと楽しむ!歴史探訪まち歩きツアー 
福岡城・鴻臚館お城めぐり
 [9月30日(日)]
福岡城・鴻臚館周辺エリアを散策

 
各ツアーとも、当館で福岡城の復元模型等を見学し、解説を聞いてから、
城内を散策します。
現在の福岡城跡からは想像もつかないほどの構えを復元した模型は、
約400年経った現在と照らし合わせると、目を見張るものがあります。
また、ガイドさんから、福岡城に関する秘話も聞くことができますので、
より福岡城や歴史に興味を持つようになったという参加者の声も耳にします。

 
10月に入り、随分涼しくなりました。
紅葉の季節も近づいています。
各ツアーには特色があり、自分でコースをカスタマイズできるものやプレゼント
付きもありますので、是非この機会に、福岡城跡を散策してみませんか?
自分に合ったツアーを見つけるのも楽しいかと思います。
詳しくは、当館ホームページのツアー紹介をご覧ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

このページの先頭へ