第2回目は、石垣好きスタッフのお気に入りの場所です!

当ブログ内でも、福岡城は石垣が立派で「石城」と呼ばれたことや、築城時からの石垣が広く綺麗に残っていることなどを書いてきました。
それぞれの場所での石垣も美しいのですが、中でも常に高さを実感出来る裏御門付近の石垣が一番のお気に入りです☆

 

具体的な場所は、松の木坂を登り しだれ桜並木が途切れると本丸へと向かう途中に裏御門跡があります。その右手にある石垣です。
ちなみに、しだれ桜並木をまっすぐ進むと多聞櫓です。

 

高い石垣は、天守台や城内南側など他にもあるのですが、ここの石垣は高いだけでなく見あげた感じや周りの雰囲気も含めてとても圧巻です。
桜など四季折々の植物を楽しむことの出来る福岡城跡ですが、ここの場所は季節に左右されることなく1年を通じてずっと石垣の壮大さを感じることが出来ます。
天守台の裏側へと続く石畳の道とのコントラストも素晴らしいです!

 

更に、天守台などと重なる石垣も綺麗に見ることが出来ます。
(赤い丸の部分が天守台です)

 

まもなく梅の花や桜の花が咲き始めますが、花だけでなく少し顔を上げて黒田官兵衛・長政親子が造った立派な石垣も見てもらえると嬉しいです。