11月3日(火)文化の日、福岡城跡の多聞櫓と三の丸広場では、様ざまな

催しが行われていました。

また、普段は非公開の、国指定文化財の「多聞櫓」内部が特別に一般公開

されていました。この櫓は江戸時代から城内に現存する唯一の櫓です。

総延長72m、内部は16の小部屋に分かれています。石落としや狭間(鉄砲を

撃つ小窓)が備えられていることから、いざというときの防御のための櫓と

考えられていましたが、平素は倉庫等に利用されていたと言われています。

(多聞櫓)

(多聞櫓内部)

 

多聞櫓の南側前面の広場では、「ブックオカのきなし古本市in福岡城」

と題し、古本屋さんが軒を連ねる青空古本市が行われました。

櫓を眺めながらお気に入りの古本を探すのは、なんだかとても心地

よかったです。

 

三の丸広場でも、公園を満喫できる様々な遊びが行われていました。

子供たちは、大喜びです!

(紙芝居)

(ジャンボシャボン玉)

 

この日はマルシェも開催されていました。

久しぶりのマルシェで、皆さんお買い物を楽しんでいました(^^)/

 

これから、紅葉の季節です。城内の木々も少しずつ色づいています。

新型コロナウィルス感染症対策をして、福岡城跡で秋の散策を楽しま

れませんか?