肌寒く感じる日々が増えてきました。

暦の上では立冬を過ぎましたが、紅葉の見頃は

これからですね。

福岡城跡・鴻臚館跡では、秋と冬を同時に感じる

様々な場所があります。

今回はそんな風景をご紹介いたします。

 

城内本丸のもみじです。

少しずつ赤く色づいています。

 

本丸の井戸横にある銀杏と、平和台陸上競技場西側の銀杏並木です。

福岡城跡には銀杏の樹が沢山ありますよ!

 

お堀には蓮の果托(かたく)がぷかぷかと浮かんでいました。

蓮の花が開き、中心部の「花托」部分は、花が咲き終わると

「果托」に変化します。

また、この果托がハチの巣みたいなので、「ハチス」

から「ハス」と呼ばれるようになったという説もあります。

 

鴻臚館広場付近の樹木も色づいています。

そして、広場から空を見上げると、空がとても近くに感じられます。

 

まだまだ、秋を感じる場所は沢山あります。

お気に入りの秋スポットを見つけに、福岡城跡・鴻臚館跡に

遊びに来られませんか(^^)/