12月24日はクリスマスイブですが、鴻臚館にとって記念すべき日でもあります。

今をさかのぼること31年前、1987年(昭和62年)のこの日、平和台球場の

スタンド改修工事に伴う発掘調査により、鴻臚館の遺物が発見されました。

その後すぐに行われた現地説明会には約1万人が見物に訪れて大きな話題となりました。

 

そして今年10月には、鴻臚館跡展示館にて大規模な国際会議後のレセプションが

開かれ、海外から大勢のお客様をお迎えしました。

なんと1千年以上の時を経て、鴻臚館は再び迎賓館としての役割を担ったのです。

 

 

 

これからも国内外問わず、さらに多くの方に鴻臚館跡展示館を訪れていただけます

ようスタッフ一同お待ちしております。